ワーキングホリデーを知っていますか?

よくワーキングホリデーという言葉は聞くものの具体的なことを知らない人が多いです。
私のその中の一人だったので調べてみました。

ワーキングホリデーとは、休暇を楽しむ目的で現地での生活費をまかなうために、働くことができるビザの一種です。

働くイメージが強いですが、実は現地での異文化交流のためにあります。

ワーキングホリデーで行ける国

まだ、世界中にワーキングホリデーで訪れることはできません。

今現在、ワーキングホリデーに行ける国は、
オーストラリア、カナダ、イギリス、ニュージーランド、フランス、ドイツ、アイルランド、デンマーク、ノルウェー、韓国、香港、台湾、ポーランドのみです。

まだ、アメリカやフィリピンではワーキングホリデーで訪れることはできません。

せっかくワーキングホリデーをするなら目標を!

ワーキングホリデーで、1年中遊ぶのもアリです。
そういった場合、現地でどう楽しく生活しているかをブログに書くだけで自分の1年間の人生が多くの人の元へ届きます。
それもワーキングホリデーの使い方のひとつです。

せっかく行くなら目標を掲げると良いです。
現地の学校へ行けば、確実に語学力をあげることができます。

この時、日本へ帰国してからのことも考えます。
日常会話程度ができて、会話に困らない程度でも実績として誇れます。

この際キャリアアップを狙って次に就職する会社では現地の言葉に長けてなければならないなら、語学力を相当つけなければなりません。

せっかくワーキングホリデーをするなら、自分の今後の人生に役立つ経験をしたいものです。


明芽メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0001669191.html

この記事を書いたユーザー

明恵 このユーザーの他の記事を見る

ライターとしてセキセイインコと同居するインドア派!
ハンドメイド作品をチェックし購入することが大好きです!
1人でも多くの人に知ってほしいことを発信していきます。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら