40 社以上の取扱保険会社の商品の中から、消費者にとってぴったりなプランを提案する株式会社保険見直し本舗(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大谷 寛)は、1月31日の「生命保険の日」にちなみ、保険加入の実態や考え方、見直しについて意見を知るための調査を実施いたしました。

2016年5月29日に改正保険業法が施行される予定であり、消費者がより透明な情報のもと納得する保険を選ぶことができるようになると言われています。 一方で今年秋にも地震保険料を全国平均で19%引き上げるというニュースや、生命保険料の改定など、保険料の負担が年々大きくなっていることも事実です。しかし「保険」とは、“お金がないから加入するもの”という考えが基本であり、“お金がないから保険料を下げる”ことをすると、いざという時に現金もなく十分な保障も得られず、本末転倒になりかねない側面もあります。 自分の収入や職業、家族構成によって受けられる公的支援を確認し、不足分を民間の保険で補えるよう、まずはプロに保険の見直しを相談するといいかもしれません。

【調査結果サマリー】
多くの世帯が複数の保険に加入しており、その額は月平均32,701円と手厚く加入している実態がうかがえました。しかしライフスタイルが変化する結婚や出産のタイミングでは「加入していない」を選ぶ割合も多く、家族構成の変化という保険加入・見直しの“ベストタイミング”に適切な保険選びができていない可能性も。またその一方で、“結婚=保険についてきちんと考える”という意識の表れか、近年結婚した堺雅人さんや吹石一恵さんが「保険についてしっかり考えていそう」なタレント1位に選ばれる結果となりました。今回の調査では、「保険料の負担が大きい」ため解約したという回答も見られ、保険の見直しや乗り換えが広まりつつある一方で、不必要に加入していたり、お金がないから保険料を減らしたりと、まだまだ保険との上手な付き合い方が浸透していない状況もうかがえました。

■調査概要
【名称】 保険に関する意識調査
【調査対象と回収サンプル数】
20歳-29歳、男女各200人
30歳-39歳、男女各200人
40歳-49歳 男女各200人
50歳-59歳 男女各200人
60歳-69歳 男女各200人 計2000人
【調査地域】 全国
【調査方法】 インターネット調査(調査会社の登録モニター活用)
【調査期間】 2016年1月9日(土)~2016年1月11日(月・祝)

「保険見直し本舗調べ」

1. 毎月の平均保険料は1世帯32,701円 2世帯に1世帯以上が3種類以上の保険に加入

出典保険見直し本舗PR事務局

【考察】
加入している保険で多いのは、入院した時の保険や死亡保障にという回答が多い結果になりました。
2世帯に1世帯以上は3種類以上の保険に加入しており、6種類という回答も10%に。

◆世帯(独身の場合は個人)で支払っている保険費用はどれくらいですか?

出典保険見直し本舗PR事務局

最小値 :100円
最大値 :700,000円
平均値 :32,701円

2. 就職や結婚を機に考える保険は入院や万が一のための保障 出産時にはこどもの教育資金が圧倒的大多数に 一方でライフスタイルの変化にもかかわらず「加入していない」が3割以上も

【考察】
就職や結婚、出産などの人生の節目においても半数以上の方が「そのタイミングでは保険の加入をしていない」と回答。ライフスタイルの変化は保険の加入時、見直し時であるにもかかわらず、まだまだ適切なタイミングで保険を意識していないことがわかります。

3. 保険の加入経路は「保険代理店の窓口や営業職員」 一方で友達や親族経由の「義理保険」も15%も

出典保険見直し本舗PR事務局

【考察】
3人に1人は保険代理店での加入をしていることがわかり、代理店が保険の加入がしやすい場所になっていることがわかります。一方で友人や親族経由で保険に加入している「義理保険」の割合も少なくありません。

4. 保険の目的は「入院したときのため」「万が一のときのため」「損害への備え」 特に「入院したときのため」は8割以上が回答

出典保険見直し本舗PR事務局

【考察】
保険に加入している目的は「入院したときのため」「万が一のときのため」「損害への備え」がトップ。
特にほとんどの世帯で医療保険に加入していることが分かりました。

6.およそ半数が保険に対し不安や不満を持ち、内容は「保険料の負担」「保障内 容が不明確さ」がトップ 満期前に保険解約も35%、理由は「保険料の負担」「他社への乗り換え」など

【考察】
保険に関して半数の方が不満や不安を感じているという結果に。特に保険料の負担の大きいことや保険選びがめんどう、保険の内容のわかりづらいという点での不満が多いことが分かります。
また、保険料の負担により満期になる前に解約するケースが多く見られ、加入時の予見通りにはいかない事情がうかがえます。

7. “保険見直し”は60%が経験 「保険料の負担」を感じるケースが多い一方、家族構成の変化がきっかけも

【考察】
6割以上のが保険の見直しをしたことがあると回答しており、その理由の半数が保険料に負担を感じてということが分かりました。

8. “結婚=保険もしっかり考えている”イメージ? 堺雅人さんや吹石一恵さんが「保険をしっかり考えていそうなタレント」1位

【考察】
「保険のことをしっかり考えていそうなタレント」では、男女共に近年の結婚のイメージが強い「堺雅人」さんや「吹石一恵」さんがトップに上がりました。“結婚する=保険のことを考える”とイメージしている人が多いのかもしれません。

◆保険のことをしっかり考えていそうなタレント(男)は誰ですか?
1位. 堺雅人 :22.5%
2位. 松岡修造 :18.4%
3位. 向井理 :11.8%
4位. 西島秀俊 :9.4%
5位. 福山雅治 :9.0%
6位. 東出昌大 :6.9%
7位. とにかく明るい安村 :6.3%
8位. 千原ジュニア :6.2%
9位. 竹野内豊 :4.6%
10位. DAIGO :3.7%
11位. 斎藤工 :1.4%

◆保険のことをしっかり考えていそうなタレント(女)は誰ですか?
1位. 吹石一恵 :17.8%
2位. 大久保佳代子 :16.3%
3位. 吉田羊 :15.8%
4位. 杏 :14.5%
5位. 菅野美穂 :14.0%
6位. 綾瀬はるか :7.5%
7位. 北川景子 :5.7%
8位. 小島瑠璃子 :2.9%
9位. 鈴木奈々 :2.6%
10位. ローラ :1.8%
11位. おかずクラブ :1.5%

9. 近年トレンドの“ミニ保険” 気になる1位は「終活関連費」 いじめやリストラ対策の費用保障も次いで人気

◆.あなたが最近気になっているミニ保険を教えてください。
※ミニ保険:保障の上限が1,000万円で、契約期間が1年と短い保険、少額短期保険のこと
1位. 葬儀や遺品整理などの終活関連費を補償 :28.1%
2位. リストラやいじめなどの日常生活でのトラブルに際し弁護士費用を補償 :14.6%
3位. 旅行先で雨が降った場合に旅行代金を補償 :14.1%
4位. 痴漢に間違われた際の弁護士費用を補償 :10.4%
5位. 病気や急用でイベントに参加できなくなった際のチケット代金を補償 :9.5%
6位. 自身の入院や死亡の際にペットを老犬ホームやホテルに預ける費用を補償 :9.0%
7位. 不妊治療中に新たに生命保険や医療保険に加入できる保険 :7.9%
8位. 登山やスキーなどで遭難時に請求されたヘリコプター費などを補償 :7.5%
9位. その他

株式会社保険見直し本舗について

出典保険見直し本舗PR事務局

「保険選びをもっと自由に」という理念のもと、消費者ごとに異なるニーズに対応するため、40社以上の保険会社の商品から必要なものを比較・検討し、プランを提案する保険ショップです。保険見直し本舗では相談スタッフである保険コンサルティングアドバイザーが、プロの目線からアドバイスを無料で提供。全国200以上の店舗を拠点に、保険プランの提案から販売まで行っており、月間新規申込件数は約10,000件となっております。

会社概要

出典保険見直し本舗PR事務局

会社名: 株式会社保険見直し本舗(URL:http://www.hokepon.com/)
所在地: 東京都渋谷区桜丘町20 番1 号 渋谷インフォスタワー6F
代表者: 代表取締役 大谷 寛 設立: 2001 年12 月18 日
株主 : 株式会社ウェブクルー 資本金: 1 億円

編集記者 古川智規(フリーランスライター)
素材提供 保険見直し本舗PR事務局

この記事を書いたユーザー

古川智規 このユーザーの他の記事を見る

フリーランスライターとして雑誌やWEB媒体に執筆しています。特にジャンルはなく、なんでも書くことを心情としています。

得意ジャンル
  • マネー
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • 広告
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス