Google翻訳って便利ですよね~♪

コンニチワ、元アナログ人間です。
Google翻訳の精度向上に感動している今日この頃でございます。
英語のリテラシーが極めて低い小生にとって、Google翻訳のありがたさと言ったら、言葉では言い表せないくらい感謝しております。
ちょっとした英文を作りたいときや、ざっくりした英語の内容を掴む際にかなり重宝しております。

実際、Google翻訳で直訳した言葉ってどうなるの?

Licensed by gettyimages ®

しかし、日本語を英語に翻訳する場合、日本語の微妙な言い回しや、”イマドキ”の言葉など、流石にそんな言葉までは正確に翻訳することは難しいようで、そのまま翻訳してしまうと、カオスな文章になってしまうこともしばしば。
でも、それはそれで”こんな英訳になるんかいw”とクスっと笑ってしまうこともあったりなかったり。

そんなGoogle翻訳のジレンマを”音楽”という切り口でCOOLに表現しているアーティストを発見!

謎のイケメン外人集団。
彼らの名は「Under Covers」
クオリティの高い演奏。
うん、この曲かっこいい。
ん?でも聞いたことあるな。。
あ、きゃりーぱみゅぱみゅのPONPONPONじゃん!
かっこよくカバーしてるね~
え・・・?でも・・・あれ?歌詞の意味がカオスすぎじゃないですかw???

百聞は一見に如かず♪

出典 YouTube

前述のきゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」です。

”あなたが出したらポンポンそれは大丈夫です”

”ポンポンウェイウェイウェイ”

”ウェイウェイのPONPONウェイウェイウェイ”

上記は印象的な箇所です。中々のカオスっぷりですw

Licensed by gettyimages ®

J-POPの歌詞をGoogle翻訳で英訳し、それを日本語で訳すと・・・
こんなにも印象がかわるんですねw

他にもこんな曲がカバー&直訳されてます。

出典 YouTube

Momoiro Clover Z - Saraba

いまや世界的アーティストとなった”あの三人組”の曲も。

出典 YouTube

Perfume - Pick Me Up

カバー曲はたくさんあるけど、Google翻訳を切り口にしたパフォーマンスには「なるほど!」と思いました。
訳の面白さもそうですが、なにより、音楽性の高さも惹きつける要素の一つだと思いまっした。
試に「日本語→英語→日本語」とGoogle翻訳を使ってみたくなったのは言わずもがな。
”Under Covers”の新作が楽しみです。

★舞台裏★

出典 YouTube

当たり前だけど演奏ウマいっす(^^

この記事を書いたユーザー

JAPOLIC このユーザーの他の記事を見る

ラーメンとカレーとネコが好きです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • ファッション
  • おもしろ
  • 音楽
  • 話題
  • インターネット
  • 広告
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス