昔から、カッコいい人のことを「二枚目」と申しますね。

実はこの「○枚目」というのは歌舞伎用語で、「八枚目」まであるとのことです。

「二枚目」という用語は、歌舞伎用語をもとに、江戸時代に生まれた[1]。歌舞伎の看板は、通常は8枚から成っていた[1]。一枚目の看板は「書き出し」と言われ、主役の名が書かれ、二枚目の看板には若い色男の役者の名が書かれることになっていた[1]。また、三枚目の看板には道化役の名が書かれることになっていた[2]。
このようなわけで、また歌舞伎では美男子というと、美しく見せるべく化粧で白く塗っていたため、「二枚目」という言葉はやさ男(「優男」の字が当てられる事が多い)の美男子を意味するようになった。

出典 https://ja.wikipedia.org

「二枚目」という言葉、漠然と受け入れておりましたが、こういった意味があったのですね。
「一枚目」から「八枚目」までそれぞれの意味があるとのことですので調べてみましょう。

それでは、一枚目から順を追ってどうぞ!

◎一枚目

Licensed by gettyimages ®

*写真は主役のイメージです

一枚目:主役:そのまま主役。「一枚看板」という用法もある。

出典 https://ja.wikipedia.org

やはり、一枚目は主役でなければなりませんね!
関係ありませんが、松山ケンイチ主演の「珍遊記」を観に行きたいのですが、一緒に行ってくれる人がいません(笑)

◎二枚目

Licensed by gettyimages ®

*写真は色男のイメージです

二枚目:色男:優男で色事担当

出典 https://ja.wikipedia.org

生まれ変わったら二枚目になりたいです。

◎三枚目

Licensed by gettyimages ®

*写真は道化師のイメージです

三枚目:道化:お笑い担当

出典 https://ja.wikipedia.org

舞台では一番、難しい役柄ではないでしょうか。
この人物の出来次第で、その舞台の評価が決まるといっても過言ではないかもしれません。

◎四枚目

Licensed by gettyimages ®

*写真はまとめ役のイメージです

四枚目:中軸:中堅役者 まとめ役

出典 https://ja.wikipedia.org

イメージ的には、人格者といったところではないでしょうか。

◎五枚目

Licensed by gettyimages ®

*写真は敵役のイメージです

五枚目:敵役:一般的な敵役

出典 https://ja.wikipedia.org

敵役の存在も重要ですね!
準主人公的な場合も多いですからね!

◎六枚目

Licensed by gettyimages ®

*写真は憎めない善要素のある敵役のイメージです

六枚目:実敵:憎めない善要素のある敵役

出典 https://ja.wikipedia.org

ドラえもん的にはスネオな扱いでしょうか。
よくよく考えてみると、スネオよりもジャイアンのほうが善的要素ありそうですので、ジャイアンですね。

◎七枚目

Licensed by gettyimages ®

*写真はラスボスのイメージです

七枚目:実悪:巨悪 ラスボス 全ての悪事の黒幕

出典 https://ja.wikipedia.org

歌舞伎の言葉なのに、“ラスボス”って表現は素敵すぎます。

◎八枚目

Licensed by gettyimages ®

*写真は座長のイメージです

八枚目:座長:元締め

出典 https://ja.wikipedia.org

元締めが一番の悪でなければなりませんね。

正直、「二枚目」以外にそういった用語が「八枚目」まであるとは思いもよりませんでした。

歌舞伎の世界、まだまだ一般社会では分らない常識が多々、存在してそうですけどね。

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス