ワイヤーが入っているブラは肌に食い込んで痛かったり、形が合わなかったり、窮屈な時もありますよね。合わないブラは胸の老化を早めます。そんな時ワイヤー入りブラとノーブラの中間である「ノンワイヤーブラジャー」がおすすめ。ワイヤーがないため、圧迫感がなく着け心地が優しく、締め付け感も少ないとされています。


■ノンワイヤーブラだと胸が垂れる?
 一般的にワイヤーの入っていないアイテムはバストが揺れやすく、胸が垂れやすいです。特に、激しい運動の時などはクーパー靭帯が切れやすくなってしまいます。クーパー靭帯が重さによって伸びてしまったり、加齢によって皮膚や脂肪の弾 a  力性が失われてきて、重力に負けてしまったりすることがあります。クーパー靭帯の主成分は、コラーゲン繊維組織。乳腺を皮膚・筋肉につなぎとめ、バストの下垂を防ぐ吊りケーブルの役割です。この靭帯は自然治癒などで回復することのない靭帯で切れると靭帯に支えられた胸が下に垂れてしまいます。
 また、授乳中に発達した乳腺は授乳が終わると一気にしぼむため、脂肪に変わります。より柔らかい乳房になり、さらに重力に弱くなるため胸が垂れやすくなります。
 ブラジャーをつけた状態で小走りしてみた時、乳房の揺れが押さえられない程度のホールド感では、振動がもろに乳房に伝わってしまいます。ノーブラで歩いた程度でも、クーパー靭帯へ伝わる衝撃は大きいもの。通常のブラジャーでも運動時には1/3程度の振動しかカバーできていないようで、もしこれがノーブラだったら日常生活の中でもかなりのダメージ。睡眠中以外はしっかりと乳房を固定できるホールド感のあるブラを着用するのがベストです。
 今はワイヤーがなくても素材の特徴を生かして胸を支えることができ通常タイプと変わらないバストメイク力を発揮できるものがあります。

■ノンワイヤーブラジャーのメリット
 身体に合わないものを身に着け続けることにより、悪影響をもたらします。使っているうちに、洗濯などで発生してしまったワイヤーの歪みに気付かずに使い続けてしまったりすると、アンダーバスト辺りの骨が痛くなってしまったり、横隔膜を締め付けて呼吸がしにくいなどの弊害も発生しているようです。胸の成長の妨げにもなります。
 メリットはワイヤーがないため、違和感を感じることが少なく、体に負担をかけずに、胸を支えることができることです。。ノンワイヤーブラは締め付けがないため、 体をねじっても痛くなりにくいので就寝時の際は最適です。伸縮性にすぐれたノンワイヤーであれば、1サイズでカバー出来る体型幅も広く、肩こり、胸痛、背中の痛みなどのトラブルが少ないです。
 ワイヤーが入っていなくても胸を支えるサポート力に優れ、バストを包んでくれるものを選んでくださいね。特に運動時に着用するものは慎重に。スポーツブラは、揺れないことが重要です。激しい動きでクーパー靭帯が切れる恐れがありますので、上からみて、ブラの中心が浮いていないか、トップバストに隙間がないかを確認してください。着脱時にきつく感じてもピタッとしたものが良いです。
 

■ノンワイヤーブラジャーの選び方
 選び方の注意点としては胸が垂れないようにしっかりとしたサポート力のあるもの、サイズと素材。アンダーベルトがしっかりと体に沿っていて、背中の肉やお腹の肉を胸に集めるタイプのものを選びましょう。さらに胸をしっかりと支えることができる固めの素材であり、肩紐調節ができるタイプのものがいいです。

■就寝時もバストケア
 眠っている時も、バストをブラで支えて、重力で足れてしまうのを防ぐ必要があります。バストの垂れ・老化は比較的早く始まaります。一度垂れてしまうと、元に戻すことはできませんから、美しいバストをキープするためには、年代問わず就寝時、リラックスしている時も補正することが必要です。美乳の秘訣はバストを労ってあげることです。

*下着のオンラインフィッテイングならFITTY(フィッティ)*

この記事を書いたユーザー

たなゆみ このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • スポーツ
  • インターネット
  • 美容、健康
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス