「奈良茶飯(ならちゃめし)の起源は、東大寺と興福寺の寺領から納められる上茶を煎じて初煎(初めに入れた茶)と再煎(二番茶)に分け、再煎のお茶に塩少量を加えて飯(めし)に炊き、蒸らした後に初煎の濃い方に浸けて食べるのが本来の茶飯であったといわれている。何となく茶飯のお茶漬けを想像する。この中に、焙(い)った大豆または黒豆、カチグリなどを加えて豆茶飯、栗茶飯などといったようである。 前述したように、東大寺二月堂修二会(お水取り)の練行衆の食事に茶粥と共に茶飯が出ているので、僧坊では古くから食べられていたことがわかる。一般には、江戸時代の中期に浅草や各地で茶飯屋ができて、「奈良茶」の目印を出して客を呼んだことが記録に残っている。 (田中敏子著『奈良の味』改訂版より引用)

出典 http://www.pref.nara.jp

奈良県の学校給食にもでるほど人気

ほうじ茶で簡単に作れますので

家庭でも楽しめます


ほんの少し茶色ががっていて体にもいい

見た目も豪華でお上品な感じの茶飯

江戸時代から伝わる茶飯

外国の方へのおもてなしとしても
いかがでしょうか

この記事を書いたユーザー

まりんちゅ このユーザーの他の記事を見る

趣味は、ホットヨガ、エアロビ
毎日、ハッピー探しをしています。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら