こんにちわ!Tomです!




入試問題の選択問題
あなたはどうやって選んでますか?

選択肢が多くて戸惑うほどの
問題もありますよね



だから

「選択肢は少なかった方がいい」

誰でも当たり前に思うことです

あなたもそのうちの1人でしょう



入試本番で
あれでもないこれでもないと迷って
必死にもんだいを解いている
受験生の横で、


まるで、
答えを知っているかのように
どんどん問題を解いていき


涼しい顔をしながら、
見直しの時間を取れるほど、
余裕があったら大分楽ですよね?


苦痛だと思っていた受験勉強が
楽しくなり、家に帰って
歯磨きをするのと同じのように
勉強するようになって、


偏差値をありえないほど引き上げ
こっそりと自分で確認しながら
心の中ではニヤついてしまうほど
実力をつけたいですよね?


それとも、

問題用紙の選択肢が
どれも正解に見えるという
錯覚をしてしまい


勘で答えを選んで、
とりあえず問題を進めるだけの
模試を受け続けますか?


やってもやっても伸びない偏差値に
自信とやる気を失い、

受験当日になっても自信が持てず
不合格通知が届き落胆する

そんな将来を過ごしたいですか?


それに落ち込んで

毎日布団にこもって、
現実逃避するような
惨めな思いしたくないですよね?


そんな最悪な状態にならない
しなくていい方法が1つだけあります

『あなた』にとって、
重要なことを以下に書きました




4つの読解キー を見極める




という事です

具体的に説明していきます




【本文と一致するものを選びなさい】

よくこのような問いが
長文問題でありますよね


選択肢が4つほどある問いです


その選択肢を、
4つから
3つ、2つに減らす方法があります

それにはある条件があって


【only , all , always , everything】


これらが
選択肢の文中に入っていたら
注意してください


これらは
『4つの読解キー』
と呼んでいます



それらを含む文は
80%以上の確率で不正解です。


これらは
意味を限定する役割があるので、
前後をよく確認することが大切です



もし、『4つの読解キー』を
知らないと、入試を作った人の
引っかけにはまることになります



それではどうやって選択肢を減らすか
それは【only , all , always , everything】



この『4つの読解キー』が
選択肢の文中に含まれていたら、
その選択肢は、まず無視してください


それ以外の選択肢で
答えが見つかれば、

それが正解です


逆にそれ以外で答えが
見つからないとき、


それまで以上に
慎重に全ての文の意味を確認して、
確実に読み解いてください


そうすれば、正答率は
あなたの想像以上にあがり
得点を見た時にあなたは驚きます


そうなるためにも 

今すぐに長文の問題集の
選択肢を見てください


もう選択肢を減らす準備は
できていますよね?


長文で本文との一致を問う問題があれば、
『4つの読解キー』に注意して、
選択肢を減らしてください








最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

この記事を書いたユーザー

元クラス最下位落ちこぼれ高校球児@Tom このユーザーの他の記事を見る

元落ちこぼれ高校球児@Tomです!(^^

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • ライフハック
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス