日本銀行が2016年1月29日に各銀行から預かっている当座預金の一部につけている金利をマイナスにすると発表しました。

ニュースの内容は以下のとおり

日銀が金融機関から預かっている当座預金のうち一定の水準を超える金額につけている金利について、現在の0.1%からマイナス0.1%に引き下げる金融緩和策を導入することを決めました。

出典 http://www3.nhk.or.jp

マイナス金利は2016年2月16日から導入予定です。

出典 http://www.nikkei.com

図で見る通り、日本銀行へ各民間の銀行が当座預金に入金すると、今までは0.1%の金利を受け取ることができたので、各銀行は国債などを売ったお金などで余剰金が出た場合当座預金にとりあえず入れておけば良かったわけです。

しかし、2月16日からは0.1%の金利を払うことになる為、各銀行は内部留保的お金の行き先をどうしようかと考えることになるというわけですね。

3つの次元で追加緩和可能
・「量」年間80兆円のお金を増やす。
・「質」長期国債の買い入れ(金融資産の買い入れ)
・「マイナス金利」各銀行が内部留保しているお金を市場に出す。

1年間に当座預金の額の残高は平均252兆円それを3つに分けて過剰分にマイナス金利にするわけです。

日銀は民間の銀行から国債を買って現金が民間の銀行に入り、そのお金を個人や企業に貸し出して利子で儲ける。

しかし、借金する企業や個人が少なければ、余ったお金を日銀の当座預金として預けることになる。

いくら量的金融緩和をしても当座預金として預けられたしまうとなかなか市場にお金が流れないことに。

このタイミングでマイナス金利を導入する背景

原油価格の一段の下落

出典 http://www3.nhk.or.jp

原油価格の下げは日本経済全体にはプラス、ガソリンや電気代などが下がるのでその分消費に回る可能性はあるが、消費税増税や節約意識が高い状況では目に見える形で消費も上昇せず。

中国をはじめとする新興国や資源国の経済の先行きが不透明

出典 http://www3.nhk.or.jp

原油価格が下がると世界経済も悪化し日本企業にも大きく影響します。

企業や消費者のデフレ意識の転換が遅れ、物価の基調に悪影響が及ぶリスクが増えていると説明

出典 http://www3.nhk.or.jp

デフレーション
モノやサービスの値段が下がること。消費者にとってはありがたいのだが、会社自体の儲けが減り社員の給料も下がる。

給料が下がれば、お金が無いのでモノやサービスの値段を下げないと売れないという悪循環になってゆく。

目標の2%物価上昇率

大規模な金融緩和を打ち出したのは、2013年の4月4日でした。2%の物価上昇率を目標として掲げ、2年程度の期間で達成するため、市場に供給する資金の量を2倍に増やすという大規模な金融緩和

出典 http://www3.nhk.or.jp

2015年末の消費者物価上昇率は1.0%~1.5%未満


最後に

結局、どんなに日銀が量的金融緩和をしていても、市場にお金が出回らなければ意味がないというわけですね。

市場にお金が出回らない理由の一つに銀行が日銀に預金をして内部留保しているせいだという見方があるようです。

内部留保した民間銀行へは内部留保税として0.1%お金を取りますという解釈もできるわけです。

では、そのお金の流し先があるのだろうかという問題が残っています。

銀行が企業に融資をするとすれば回収を見据えて貸し出すために限度がある。もちろん個人もそう。

企業や個人だってバブル崩壊やリーマンショックを経験しているだけにもうコリゴリしている人も多いわけで今の日本でそうたやすく借金を増やしたいと思う人も少ないでしょう。

そうなると民間銀行の余剰金の行き先として考えられるのは、新興国への投資、不動産、ゴールドなどと考えられるわけです。

日銀がマイナス金利と量的金融緩和をしても市場にお金がどんど流れ物価上昇してゆくのかどうか?まだまだ不透明な状況と言えそうです。

また、日銀が国債を各銀行から買い取る政策(金融緩和)を押しすすめるかぎり現金が増え続けるわけで、その現金をいかに銀行の儲けにつなげてゆけるか各民間銀行の能力が試されることになりそうです。

この記事を書いたユーザー

クロダアキヒロ このユーザーの他の記事を見る

最近分かった事なんですけど長文読むの苦手です。もちろん長文書くのも苦手だったりします。なので、Twitterで話題性のあることを中心に今は書いています。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス