筆者、今は自営業なのですが、以前は企業でお世話になりました

Licensed by gettyimages ®

筆者は、本稿下のプロフィールのところには全ては書いていませんが、沢山転職をしてから飲食店で約13年前に独立しました。

会社員時代は合計11年でして、その期間に色々な会社の会議等に出席しています。筆者も恥ずかしい発言をした可能性は十分ですが、同じ会社に勤める人々の残念すぎる発言を思い出しましたので、書き出してみることにします。

「あるある」かもしれませんし、「いや~、そりゃひどいよ!」かも知れませんが、読者の皆様に「ネタ」として楽しんでいただければと思います。

それでは最後まで宜しくどうぞお付き合い下さい。

1・上司の指示「これからはグローバルに!」

Licensed by gettyimages ®

筆者が会社員時代に忘れられない上司がいます。

元々大学では有名な体育会系の人で、体がガッシリしていて気合も入っていますし丈夫なのですが、あんまり知的とは言えない…そんな人でした。

その人が、筆者を含む部下数名を集めて、今後の営業方針のような話をしているシーンで…。

「やはり、これからはグローバル化社会だからな!港区中心で営業をしていたが、少しは中央区、場合によっては品川区辺りも視野に、広域な営業もしないと勝てないだろうな…」

「グローバル」???

港区だけじゃなくて、中央区も攻めることが?(笑)

「グローバル」ですよ!少なくとも日本と外国の話をしてくださいよ!都内の区割りの話しじゃないから…

残念っ!

2・先輩社員の「ソーサツ」?「シンポ率」?

Licensed by gettyimages ®

以前勤めた会社で、なんとなく偉そうな、先輩社員がいました。

いつも自信満々で、頭がいい人「調」「風」の話し方をするのですが、そうするほど「薄学」がバレるというと失礼ですが、そんな感じの人でした。

その人が調子よく会議で話をします。「え~、今回の交通事故では、当社にも相手にも過失があるため、過失割合を相殺【ソーサツ】して、その差額について…」

【ソーサツ】ですか…。

そして同じ日に、「え~、今月の売り上げの話しですが、前年比は100%ですが、目標に対しての進捗率【シンポ率】が落ちていますので、前年越えするものの…」

【シンポ率】ですか…。

残念っ!

3・社を挙げての間違い、「クウォーター」?「レス」?

Licensed by gettyimages ®

筆者が以前勤めた会社には、意味の分からない社内語がありすぎる会社がありました。

殆どがプロパーの会社に、筆者は中途採用で入社したので、あまりその言葉は恥ずかしくて口にしませんでしたが、そのおかしさに疑問を持つ人が少なすぎてビックリしました。

その会社では、売り上げのことを「クウォーター」と言います。おかしくありませんか?
なんでそうなったかは筆者の周りの人は誰も知らなかったので、推測の域は出ませんが、恐らく以前は四半期ごとの集計をしたのでしょう。

そして、クウォーターの売り上げ実績の話を会議などでするようになり、いつの間にか「売り上げ」を「クウォーター」と呼ぶようになり…。

「今月のクウォーターは、1800万円の見込みです!」のような発言を殆どの社員が平気でする会社になったようで…。

さらにもう一つありまして、値引きを「レス」と言うのです。これも筆者は恥ずかしくて言えませんでしたが、英語の意味として正しいかどうかもありますが、一般的には「オフ」という言葉を日本人は使うシーンで、その「レス」が出てきます…。

「あの契約は、料金が20%レスなので、お願いします!」

おかしいですよね…。「20%オフ」とかのが一般的ですよね?「レス・ザン・何チャラ」とか、そういう言葉ですよね…。厳しい!

残念っ!

4・明らかに不遇なのに「抜擢」?

Licensed by gettyimages ®

筆者の勤めた会社で、本社の花形部署から、筆者と同じ営業現場に、厳しく言うと「左遷」された人がいました。学歴なども良さそうですし、元々は本社の幹部候補として採用されたのでしょう…。

その彼は、都心の高層ビルの本社から、筆者らと一緒に下町の汚いオフィスで働くことになったのに、流石にプライドを見せます。

最初の異動した日の挨拶で… 「あっ、ワタクシ、本社○○部より、この度【抜擢】されまして、皆様とご一緒させて頂く…」

【抜擢】ですかぁ…。そうなんですか?本当にそう思っているんですか?

とりあえず、あだ名を【抜擢君】にしておきました。因みに本当に仕事ができない人でした(笑)

残念っ!

いかがでしたか?

Licensed by gettyimages ®

色々な会社にお世話になり、色々な人に出会いましたが、その中で筆者が見聞きした残念な発言・迷言を紹介させて頂きました。

因みに筆者が関わった業界で、「競売」(きょうばい)を(けいばい)と言わなくてはならないところや、「図画」(ずが)を(とが)と言わなくてはならない世界がありましたが、それは言葉として間違っていないので、筆者も納得していました。

…と、色々思い出しましたが、筆者「翻訳」(ほんやく)を(ばんしゃく)って読んでいましたので…。本当は何も言えません(笑)

さぁ、今夜の晩酌の肴は何にしようかなぁ…

最後までお読み頂き有り難う御座います。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら