正しいと思ってやっていた行動が実は間違っていたかも!?

花粉症でお悩みの人は近年本当に多いものです。

今まで大丈夫だったのに突然発症してしまうことがあるので、今大丈夫な人でも他人事ではありません。


花粉症対策をしっかりやっている人も多いと思いますが本当にそのやり方は正しいのでしょうか?


医師が教える本当に正しい花粉症対策のやり方をご紹介します。

外から帰ってきたら服を叩かない

帰宅したら服を叩くという行為はよくやっているという人が多いと思います。
外出して服についた花粉が叩くことにより取れる気がしますよね。
しかしこの叩く行為は、実は間違っています!

服を叩くことで、服についた花粉を全部口や鼻から吸引してしまうことになりかねません。

正しいやり方は「玄関先でコロコロを使う」です!


コロコロを使うことで花粉が取れるのでオススメです。

服はツルツル素材のものがよい

外出時にウールやフリースの服は冬には暖かいですよね。
しかし、ウールやフリースには花粉がつきやすいんです!
花粉をなるべくつけたくないならツルツル素材のものがオススメです。

部屋をしっかり換気する

花粉のひどい時期は窓を開けると家の中に花粉が入ってきてしまう気がしますよね。
なので窓を開けずに締め切っているという人も多いのではないでしょうか。

しかし、花粉濃度は換気をしないと出るところがなくなるため花粉濃度が上がってしまいます。

窓を開けることにより、花粉濃度の少ない空気を入れることができるので換気は非常に大切です。


窓を開けるのにも避けた方がよい時間があります。

11時~14時
17時~19時

この時間は人が最も活動する時間でもあるため一番花粉が飛ぶ時間なので避けた方がよいでしょう。

夜中は花粉が飛ばないので夜に換気することは非常にオススメです。

換気するときは網戸をしない

換気するときに注意したいのは網戸はしないこと!

網戸をしないと花粉が入ってきてしまう気がしまいますが実はこれは間違いです。

花粉自体はアレルギーを起こしませんが、花粉の芯の部分がアレルギーを引き起こします。

網戸をすると花粉が網戸にぶつかり、アレルギーを起こす芯がむきだしになるためアレルギー反応を起こしてしまうのです。

ですから換気するときは網戸はしない方が望ましいです。

掃除機のかけ方

花粉対策として掃除は重要ですよね。

掃除機をかけてから雑巾がけをするという人も多いのでは?

しかしこれも間違い。

掃除機の排気口が下向きだと花粉が舞い上がってしまうため、最初に雑巾がけをすることをオススメします。

または、掃除機を持ち上げて使用すると花粉の舞い上がりを防ぐことができます。

空気清浄機の効果的な起き場所

空気清浄機をリビングに置いているという人がほとんどでは?

一番リビングに長くいるのでリビングが効果的な気がしますよね。

しかしこれも間違いです。

最も効果的な空気清浄機の設置場所は花粉の出入りが一番多い玄関なんです!

リビングに置いているという人はぜひ玄関に設置してみてください。

花粉症に効果的な食べ物

花粉症にはヨーグルトと玉ねぎが効果的です。

ヨーグルトには乳酸菌が含まれており、鼻の粘膜を強化してくれます。

玉ねぎにはケルセチンが多く含まれており、鼻の粘膜の炎症を予防してくれる効果があります。




ヨーグルトは37度になると乳酸菌が活性化するため、温めて食べると効果的ですよ!

玉ねぎにはケルセチンの量が多いですが、とくに皮に多く含まれています。

しかし、皮を食べるのはちょっと難しいですよね。


そこでオススメなのが玉ねぎの皮茶です。

玉ねぎの皮茶の作り方は簡単!

玉ねぎの皮をお湯でグツグツ煮るだけです。

ぜひ試してみてください!

いかがだったでしょうか?

正しいやり方ができていたでしょうか?

間違ったやり方をしていた人はぜひやり方を改めてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

ロビン このユーザーの他の記事を見る

美容・ダイエット大好き!いつまでもきれいでいられるように頑張るぞ!

権利侵害申告はこちら