2月10日ブルーレイ&DVDリリース、レンタル開始!

ベンは70才、40年勤めた仕事を終え、悠々自適の生活をおくるも、妻に先立たれ喪失感を埋められない。そこで一念発起し、見掛けたチラシを手がかりに、シニアインターンに応募する。

一方夫と子を持つジュールズは、小さく産んで急成長中の会社を切り盛りする代取。この二人の、ノンセクシャルな関係を描いたドラマだ。

作品としての筋立てには、今風の様々なエレメントが散りばめられている。しかし、なんと言っても稀代の名優ロバート・デ・ニーロと、ワーキングウーマンの泣きを演じさせたら右に出るものはいないアン・ハサウェイが織り成す演技が、この作品の売りだ。

アメリカの高齢化率は2014年の時点で14.3% 2040年時点は13.1%で、日本の同時期はと見ると、それぞれ25.7、22.7となっている。日本ほど急速ではないにしてもアメリカでも、シルバー世代の生き方とシルバー世代に対する社会の支え方にspotが当たるようになったのであろう。

それにしても、日本から見ると、特筆すべきは描く方向性に、必ずポジティブとハピネス、そしてフレンドリーさをハートフルさが包み込んでいることだ。それに対する日本の悲壮感は、何なのか、思わず考えさせられる。

もう一点、社会に回帰するアメリカの在り方は、日本とはまた、異なるであろう。日本は現役時代、あまりに社会…もとい、仕事生活に渾身し依存しすぎている。では日本におけるマイ・インターンにあるような、ポジティブとハピネス、そしてフレンドリーでハートフルな回帰場所は、果たして何処か。

それは各々の宿題だと二人の名優は訴えている。

この作品は2015年10月公開された。

アン・ハサウェイはレディにとっての手本を。ロバート・デ・ニーロはシルバー世代にとっての規範を…。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

コトバ使い~渡邊 聡 このユーザーの他の記事を見る

著者研究&スポーツライターから出発。
Ameba公式ライター:Blog『空即是色』
http://ameblo.jp/satoru16haru12/

得意ジャンル
  • スポーツ
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • ライフハック
  • カルチャー
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス