高級化粧品を使っているのに肌が綺麗にならない方。くすみやシミ、タルミが気になる方。食事制限を行い、運動もよくしているのに痩せない方。

そんなあなたは、もしかすると体の中に毒素が溜まり、上手く外に出ずに体に悪さをしているのかもしれません。
毒素排出効果のある食材を取り入れ、体の悪いものを出してみましょう。面倒なカロリー計算は必要なく、綺麗に美しく痩せられるほか、肌荒れ改善や便秘解消などのデトックス効果が期待できます。

腸を大掃除!

腸は第二の脳、と言われたり、腸内フローラのお話であったり、最近何かと話題なのが『腸』ではありませんか?
腸内で毒素を吸着してくれるものをご紹介します。

●玄米
玄米は手っ取り早いですが、食べにくく消化吸収がよくないので、五部付き米がおすすめです。

●トマト
トマトはそのままでもいいですし、カレー、ミートソース等にざく切りにして入れるのもおすすめです。今からの時期、積極に摂りましょう。シミにも効果的です。

●海藻
海藻は乾燥わかめがあれば、お汁物に入れることができます。
インスタントスープのお湯を注ぐ前に入れると簡単です。
うどん、おそばにはとろろ昆布を必ず入れるだけでも違います。

●こんにゃく
こんにゃくはご飯を炊くときに刻んで入れたり、お肉を痛める時に一緒に薄く切って入れると、かさ増しになります。カレーの具として角切りこんにゃくを入れるのもお勧めです。
食べ過ぎ防止にもなりますし、お財布にも優しい食材ですね。

血液を大掃除!

毒素は腸の中だけではありません。血液にも存在しています。
血液中の毒素を綺麗にするものとしては、にんにく、アスパラガス、ブロッコリー、ねぎ、ほうれん草、大豆、りんごがあります。

●にんにく
にんにくは料理に香り付けとして積極的に入れると良いです。
皮を剥いたり切るのが面倒なら、おろしたものが売っているのでそれを使いましょう。
野菜を炒めたときやお肉を焼いたとき、もしくはドレッシングなどを作る際にチューブのにんにくを入れるなど、ちょい足しが出来る食材です。

●アスパラガス、ブロッコリー
アスパラガス、ブロッコリーは他の野菜と蒸してみましょう。
どちらも冷凍食材として安く売られているので、使い勝手も良くお勧めです。

●ほうれん草
ほうれん草は安いときに買って、茹でて冷凍しておけばいつでも使えます。

●大豆
大豆は煮豆として売っているので、それを使いましょう。
カレー、シチューに入れるとデトックス効果が上がりますし、イソフラボンを摂取することで美肌効果にも繋がります。

●りんご
りんごはそのままでも美味しいですが、少なめの砂糖とレモン汁でジャムにすると飽きずに食べられます。

肝臓の大掃除!!

次は肝臓の中のデトックスです。
玉ねぎ、キャベツ、ブロッコリー、にんにく、大根、わさびが効果的です。

●玉ねぎ
玉ねぎは比較的よく使うのではないでしょうか。まとめて刻んで炒めて、小分けにして冷凍しておくといつでも使えます。
また、玉ねぎたっぷりのスープ、カレーやシチューに入れて使うと沢山摂取できます。

●大根
大根は煮物が代表的ですが、お好み焼きを作るときにすりおろして混ぜてしまうとたくさん食べられます。もちもち生地にもなりますので、かさ増しとしても良いでしょう。
手羽先と煮るとアンチエイジング効果があります。

●キャベツ
キャベツは比較的使いやすい食材です。あと一品欲しいけれど、面倒なものは作りたくない時のためにキャベツを常備しておきましょう。
フライパンに、マヨネーズをかけてちぎったキャベツを投入して炒めます。
ごま、おかか、ツナなどを加えれば立派なデトックス料理が完成しますし、生のままドレッシングを掛けて食べたり、温野菜にしても良いですね。

お肌の大掃除!!

最後に肌のデトックスです。これが一番気になるのではないでしょうか。

肌に悪さをしているのが活性酸素です。これは日常生活を送っていると必ず作られてしまう「ほかの物質を酸化させる力が非常に強い酸素」のことで、身体を酸化させる最大原因の一つと言われています。この活性酸素を持つことで、老化が早まったり、シミ、シワ、癌などの病気が引き起こされます。

活性酸素を除去するのがβカロテン(人参、小松菜、ほうれん草、かぼちゃ、にら)、ビタミンC、ポリフェノール、リコピン(トマト)、スルフォラファン(ブロッコリー)、メラノイジン(みそ、しょうゆ)です。

●人参、かぼちゃ、ほうれん草
人参、かぼちゃ、ほうれん草はケーキやお菓子にも使えます。
野菜が苦手な人は、自分でケーキやパンを焼くのであれば入れてもいいかもしれません。
人参はすりおろして、かぼちゃ、ほうれん草は柔らかく茹でて使うと良いでしょう。

また、人参はたまねぎと共にスープの具材として使ったり、かぼちゃはカレーやシチューにも入れることが出来るので、他のデトックス食材と組み合わせて摂取するのが良いです。

体内毒素には水銀、ヒ素も含まれます。これらを出すには魚介に含まれる亜鉛、セレンが必要となります。

体のあらゆる箇所によって、デトックス効果がある食材を紹介しましたが、「野菜を多めに摂る」「食物繊維を摂る」など、よく効く言葉を改めて取り入れるべきだということが理解出来るかと思います。

カロリー計算だけでなく、その食材がどんな効能をもたらすのかも考え、体の中から美しく綺麗になりましょう。

この記事を書いたユーザー

ひまわり このユーザーの他の記事を見る

東京生まれ東京育ち。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • 料理
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • コラム

権利侵害申告はこちら