「CRAFT SAKE」の世界認知を高める主旨で設立されたJAPAN CRAFT SAKE COMPANY(ジャパンクラフトサケカンパニー)代表、中田英寿さんが、日本酒の魅力をあじわい尽くす“SAKE“イベント「CRAFT SAKEWEEK@六本木ヒルズ屋台村」を開催します。

日程は2016年2月5日(金)~2月14日(日)の10日間。

日本最高の酒を、最高の料理とマリアージュさせてみませんか?

出典 https://twitter.com

中田英寿さんが全国250ヶ所以上に足を運び厳選された、日本を代表する蔵元。毎日10蔵、10日間で計100蔵が選りすぐりの日本酒を提供するのに加え、予約が取れない人気レストランがこの日のために作り上げたスペシャルメニューも味わえる特別な機会。

まずは、蔵元の出店スケジュールからチェックしていきましょう。独断と偏見の注目酒もピックアップしてみました。

■蔵元はチームごとに各日10蔵ずつ、計100蔵で展開

出典 http://craftsakeweek.com

2/5(福島県の蔵元チーム)
「飛露喜(ひろき)」
「天明(てんめい)」
2/6(秋田県の蔵元チーム)
「新政(あらまさ)」
「雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)」
2/7(宮城県の蔵元チーム)
「一ノ蔵(いちのくら)」
「墨廼江(すみのえ)」
「伯楽星(はくらくせい)」
「萩の鶴(はぎのつる)」
2/8
山口県・旭酒蔵「獺祭(だっさい)」
福島県・大七酒造「大七(だいじち)」
石川県・車多酒造「天狗舞(てんぐまい)」
石川県・菊姫「菊姫(きくひめ)」
東京都・小澤酒造「澤乃井(さわのい)」

出典 http://craftsakeweek.com

2/9(焼酎メーカーチーム)
森伊蔵、魔王と並ぶプレミアム焼酎「村尾」
麦焼酎の概念を覆す味わいの「兼八」
2/10
茨城県・明利酒造「百年梅酒」
岩手県・南部美人「南部美人」
2/11
長野県・宮坂醸造「真澄(ますみ)」
2/12
福井県・黒龍酒造「黒龍(こくりゅう)」
宮城県・佐浦「浦霞(うらかすみ)」
福井県・加藤吉平商店「梵(ぼん)」
青森県・西田酒造店「田酒(でんしゅ)」
・・・この日は特に全種飲みたいですね

出典 http://craftsakeweek.com

2/13
山形県・出羽桜酒造「出羽桜(でわざくら)」
静岡県・磯自慢酒造「磯自慢(いそじまん)」
2/14
山形県・高木酒造「十四代(じゅうよんだい)」
栃木県・小林酒造「鳳凰美田(ほうおうびでん)」

ピックアップしているのはただの独断と偏見ですのでクレームはご遠慮していただけたらと思います(笑)。それにしてもどの日も名酒揃いで毎日通いたくなりますね。そして魅力は美酒だけではありません。

■日本を代表するレストランがスペシャルメニューで初出店

出典 https://www.facebook.com

ミシュラン星レストラン・西麻布「la bombance」、おでんの名店・学芸大学「件(くだん)」、知る人ぞ知る・広尾の老舗イタリアン「ひらた」など、このイベント以外ではなかなか実現することが難しいであろう名店が初出店。

ここでしか食べれないスペシャルメニューを提供してくれるようです♡

出典 http://craftsakeweek.com

ミシュラン星レストラン・西麻布「 La BOMBANCE(ラ・ボンバンス) 」

「La BOMBANCE」とはフランス語で“ご馳走”。店名にフランス語を用いたのはジャンルを超越した日本料理を楽しんでほしいというオーナー・岡 元信氏の想い。数々の美食家を唸らせ、8年連続「ミシュランガイド東京」で星を獲得している有名店。

・フレンチごはん 西麻布”gina”のバケツいっぱいムール貝 日本酒蒸し 1,000円(4コイン)
・La BOMBANCE特製 日本酒のつまみ7品 1,500円(6コイン)
・Sudachi特製 日替わり銘柄の粕汁といなり寿司 750円(3コイン)

出典 http://craftsakeweek.com

優れたシェフを 多数輩出している伝説のイタリアン「ちいさな台所 ひらた」

高級感ある雰囲気とは裏腹に、実際の雰囲気はとても和やかでアットホーム。気軽に室の良い食事やお酒が楽しめます。

・温野菜 十四代酒粕入りバーニャカウダ― 750円(3コイン)
・トリッパのアランチーニ(コロッケ)250円(1コイン)
・ズッパ ディ ペッシェ(魚介のスープ) ガーリックトースト添え 1,000円(4コイン)
・クラッシックなラザーニャ 1,000円(4コイン)

出典 http://craftsakeweek.com

紀州備長炭で焼く究極の焼鳥屋「鳥善 瀬尾」

とことんこだわった食材を丁寧に一本一本の串に仕上げ、店主自ら炭焼き職人を尋ね、安定した供給を可能にしたウバメガシの紀州備長炭を使用。

・紀州備長炭で焼き上げたプレミアム焼鳥(もも肉、つくね、手羽先)1,000円(4コイン)
新鮮内臓をつかったアツアツ鳥煮込 500円(2コイン)
・鳥一羽を丸ごと煮込んだスープ 250円(1コイン)
・出汁醤油炊き鴨ロースと鳥ムネ肉のハム 750円(3コイン)

出典 http://craftsakeweek.com

日本酒にこだわるおでん屋「件(くだん)」

店内には日本酒の品ぞろえが豊富で、どの料理も酒の肴に相性抜群。日本酒と合うおでんは一度食べたらやみつきになること間違いなしの美味しさで、岩塩のボールを削って食べる新鮮な刺身は甘みや旨みを引き出した絶妙な一品。

・件名物 おでん7種盛り合わせ 750円(3コイン)
・福井名産 へしこの炙り 250円(1コイン
豆鯵のカツオ節風味 南蛮漬け 250円(1コイン)
・飛露喜の酒粕を使った酒盗チーズ 250円(1コイン)
・おでんの出汁を使った大山鶏手羽元と野菜の煮込み
・おでんの出汁鮭茶漬け 500円(2コイン)

出典 http://craftsakeweek.com

世界一の美食都市で、食の好奇心と可能性を探求するラボラトリー「SUGALABO」

シェフ須賀洋介によるラボラトリー。世界各地の新店舗立上げの陣頭指揮を振るい、世界一星をもつシェフの右腕としての地位を確立。日本のセンス、食材、生産者、技術などを国内外に発信する、そのきっかけや出会いを創造していくのがSUGALABOの使命とし、日々“研究”に没頭している。

・TTTKG(黒トリュフ、土佐ジローのタマゴ、鶏そぼろ)2,500円(10コイン)
・京都末富 x SUGALABO  “懐中ショコラぜんざい” 750円(3コイン)
・SUGALABO最中(北海道いくらバージョン)500円(2コイン)

魅力的なお店とメニューでしたね。予約が取れない程の人気店の料理が食べられるなんて嬉しいですし、意外と(!?)お値段もお手ごろ。

そして「コイン」とは、お酒&食事用250円コインの必要枚数になっています。

スターターセット3,500円には250円コインが6枚付いています。追加購入は1,500円で250円コイン6枚、2,500円では250円コイン11枚と1枚分お得に。友達とシェアすれば便利そうです。

■中田英寿さん監修アプリ「Sakenomy」で更に楽しく

出典 https://twitter.com

中田英寿氏が監修したアプリ「Sakenomy(サケノミー)」。現役引退後、日本全国を旅する中で200以上の酒蔵を巡り、日本酒の価値を再発見した中田さんが、これを“世界にアピールしたい”という想いに至ったことから生まれたそうです。

このアプリは7,000種類以上の日本酒情報を搭載する世界最大級の日本酒情報検索アプリで、国内外から大きな反響がありました。会場ではこのアプリを活用すると更に楽しめるそうですよ。

お目当ての蔵元がある方は狙いを定めて、いろいろ楽しみたい方は10日間、12時~21時まで開催していますのでお好きな時間に、期間中何度でも行けるところも嬉しいですね。

しぼりたての新酒に星付きレストランの食事、お出かけされてみてはいかがでしょうか。

【CRAFT SAKE WEEK@六本木ヒルズ屋台村」開催概要】
開催日:2016年2月5日(金) ~ 14日(日)
時間:12:00~21:00(20:30L.O.)
場所:六本木ヒルズアリーナ
料金:スターターセット3500円(グラス+お猪口+お酒・食事用250円コイン6枚分付)

この記事を書いたユーザー

苺いちえ このユーザーの他の記事を見る

Twitter、Facebookでのシェア大歓迎です♡よろしくお願いします♪

権利侵害申告はこちら