子育て中の交通事故

出典 http://browncapuchin.hatenablog.com

交通事故のニュースには、胸がつぶれる思いになります。親として子どもが乗らなければ、乗せなければという守り方もあるかもしれませんが、長い人生にそれらを避けて通ることはできません。

リスクテイクさせる責任

Licensed by gettyimages ®

危ないとわかっていても、子どもが自転車に乗れるようになってほしい、運転免許や操縦免許を取ってほしいという思いもあるわけです。

教育というものは、死に至らない失敗を安全に経験させるためのものだったんです。でもそれがすっかりおかしくなってしまったんです。なぜかというと、失敗をマイナスだと思っている大人がたくさんいたからなんです。その人たちがみんなの可能性と自信を奪ってきたんです。

出典 http://youtu.be

植松努さんのスピーチより

安全をお金で買っていた時代

Licensed by gettyimages ®

「一流校に入学すれば」「一流企業に入社すれば」「一等席に乗っていれば」というように、安全をお金で買っていた時代が続いていました。しかし子どもたちの人生はこれからもお金さえ出せば安全を買い続けられるのでしょうか?

デザイン思考型の教育トレンド

Licensed by gettyimages ®

安全を安く買える社会にできるのは、子育てしている親たちの手にかかっています。というのも、もし多くの子どもたちが今の大人たちよりも運転が上手だったら社会はそれだけ安全になるわけです。今は安全運転のできるドライバーが足りていないから事故が起きるわけです。

家庭で教えてほしい科目は個性作る理科と社会

出典 http://news.livedoor.com

学習塾『探究学舎』代表の宝槻泰伸さんは言います。探究思考型のこの塾では、学校教育では及ばないところまで子どもたちに取り組ませています。交通事故のみならず、自然災害や、原発事故、環境問題など、未来の大人たちへの宿題はいっぱいあります。

いまの学校教育では答えのある事例を暗記させていますが、それはもう人工知能がやってくれる時代なのです。

この記事を書いたユーザー

平山佐知子 このユーザーの他の記事を見る

会社経営。3児と10カ国の海外旅行を経験。 日本のママを世界一にするための情報を発信しています。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス