こんにちわ!Tomです!




今回は難関大学や国公立二次試験には
欠かせない
英作文の勉強方法を紹介します


この方法を知れば

英作文の点数を圧倒的に上げて、
ライバルに圧倒的な差を
つけることができます


あなたは英作文が得意ですか?
苦手だと思う人も多いと思います


「文の組み立て方がわからない」
「こんな表現の英語知らない」
「わかるわけない」


こんな経験一度はあるはずです


先に言っておきます
難関大学の英語の入試で
一番点が取りやすいのは英作文です

だからこそ、あなたには
英作文の点数を劇的に上げる方法を
知って欲しいのです


英作文は多くの学生にとって
後回しにされがちな分野です

だから、あなたが英作文の点数を
安定的に取れるようになれば、

それだけライバルに差を
つけることになります


また、私が教える方法で勉強すれば、
英語を英語のまま
理解できるようにもなります

つまり、この方法は
長文読解のスピードアップにも
つながるのです




この方法を試したらあなたは
面白いようにすらすらと
英文が浮かぶようになります

まるでネイティブです

また、英文を英語のまま
理解できるようになるため、
長文の読解スピードが
劇的に上がることとなります

つまり、確実に英語の成績が上がります



しかし今、あなたがこの勉強法を
実践しなければ

あなたを待っているのは
茨の道です


英作文が足を引っ張って
点数が上がりません

周りのライバル達はスラスラと
英作文をしているのに
あなたはできず、ただもがくのみです


結果、英作文で差を付けられ
あなたは志望校に合格できないでしょう


だから今から紹介する
最高で最強の勉強方法を
実践してください




その方法とは




例文を覚えまくる





ことです




英作文の鉄則は
「知っている文を書く」
ことです

英作文はそれの積み重ね
と言えるでしょう


だから、とにかく短文のストックを
増やすことが大切です

そして、ストックが増えてくると
自然と英文の組み立て方も
分かってきます

そうなればどんな英作文でも
対応できるようになります


英語は積み重ねが大切です
コツは、日本語を半分見たくらいに
英文が浮かぶくらい繰り返すことです


実際に私がやった方法は、

日本語訳の「一般的に、歴史・・・」
まで目に入った時点で

Generally speaking, history repeats itself.

が口で言えるくらい、


つまり、日本語訳を全て見る前に
英文が口から出る状態になるまで
暗唱を繰り返しました

とにかく繰り返しが大事です
丸暗記が最も効果的になります



だから今すぐ

あなたの参考書の最初のページの例文を
声に出して読んでみて下さい


それが英作文を自分のものにする
第一歩であり

それを繰り返すことによって
あなたの学力が上がります







最後まで読んでいただき
ありがとうございました

この記事を書いたユーザー

元クラス最下位落ちこぼれ高校球児@Tom このユーザーの他の記事を見る

元落ちこぼれ高校球児@Tomです!(^^

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • ライフハック
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス