膝の痛む原因 軟骨サポートのグルコサミンとは?

CMでもお馴染みの言葉「グルコサミン」を聞いたことがあると思います。膝の関節痛の原因として、軟骨の減少が上げられることが多く、その軟骨をサポートする役割としてグルコサミンは注目されている成分のひとつです。

効率よく摂取するために、グルコサミンはサプリメントを活用することが一番良いとされています。そこで、グルコサミンがどういった効果があるのかを調べてみました。

本来人間の軟骨は100歳以上まで持つ仕様だった?!

人間の軟骨はうまく管理すれば、本来は100歳以上まで健康に保てるようにできているものだというのが基本(中略)皮膚や血管の老化の早いひとは、ほとんどの場合、骨や軟骨もそれに比例して老化しています。つまり、見た目が老けていて生気がないひとは、全身のパーツが目に見えないところでもボロボロに痛んでいるということです。

出典 http://www.jseikei.com

なんと!しっかりケアをしていれば、本来軟骨は100歳以上まで健康に保てるようになっているのだそうです。ですが、若くてもひざを痛める人・歳を重ねてひざを痛める人、様々な世代で膝の痛みに悩む人は多いですね。

その理由は、何故なのでしょうか?

「太りすぎ」や「運動のしすぎ」も軟骨が減る原因に…

軟骨が減る原因は太りすぎ、運動のしすぎなどがありますが、最も一般的なものはやはり「加齢」

出典 http://xn--nckdeki7e3b9g6cp7gf2jgb4722vwv9abgwcv7fkx1a.com

耳が痛いですね。「太りすぎ」か「運動のしすぎ」というのが、ひざの痛みの要因なのだそうです。ただ、やはり加齢というのは避けられない原因のひとつなのだそうです。

グルコサミンは1日に必要な摂取量が1500mg

グルコサミンの1日に必要な摂取量が1500mgと言われていることから、サプリメントを選ぶ際には1日分のグルコサミン量が1500mgに近いくらい配合されている商品を候補に

出典 http://xn--u9j3gjib8iqetcva3ge3hf.jp

1日の摂取量は、サプリメントによって違います。1500mgを摂取しようとすると、何十錠も摂取しなければならないといったことになる場合があります。必ずしも1500mgを摂取することを絶対というわけではなく、目安として考えておくといいようです。

甲殻アレルギーの人は、グルコサミンの原料に要注意!

グルコサミンは、糖にアミノ酸が結びついた単糖類の一種で、コンドロイチンの構成成分でもあります。人の軟骨の成分の一つで、自然界ではカニやエビ、貝の殻、動物の骨などに多く含まれています。

出典 http://tiryo.net

グルコサミンのサプリメントは、甲殻類(エビ・カニ)から作られていることが多いです。つまり、甲殻アレルギーがある場合は植物性のタイプもありますので、原材料に注意しましょう。

グルコサミンが効果を出す膝の状態は初期症状のみ!

ひざ関節の劣化や変形がひどくない状態であれば痛みを和らげる効果があるとされています。しかし関節の破壊や変形が進み重症化した変形性ひざ関節症や、慢性的なひざの痛みに対しては、ほとんど効果が見られません。

出典 http://tiryo.net

効果はあるものの、初期段階でなければ効果を得られないという結果があるそうです。痛みがひどくなり、変形等々が現れ重症化している場合は効果が期待できないそうです。

グルコサミンと同時服用が効果的!コンドロイチンとは?

コンドロイチンは多糖類で、たんぱく質などと結びついて、軟骨、皮膚、脳など多くの組織にに存在

出典 http://tiryo.net

グルコサミンに次いでよく聞く言葉が、コンドロイチンですね。コンドロイチンは、グルコサミンと同時服用がより効果があるとされているそうです。

コンドロイチンの効果も初期~中期症状のみ!

グルコサミンと同じく、初期や中期の変形性ひざ関節症の痛みを和らげるとのデータがあります。重症や長期の患者に対しては効果が見られないという点でも同様です。

出典 http://tiryo.net

コンドロイチンもグルコサミン同様に、効果は初期症状の場合のみなのだそうです。

早めの服用が肝心!酷くなってからでは効果が出ない!

意外な結果となりましたが、酷くなってからサプリメントを服用しても効果がないといったケースがあるようです。つまり、どんなことにでも共通している「早めが肝心」というのは、膝の関節痛にも同様だったようですね。

もし、ひざ関節の痛みを感じ、その原因が軟骨にあるようだということが分かった場合は、サプリメントの服用を早めに行った方がいいようです。

膝が痛むと歩行が困難となり、その結果、運動不足を招きなどの悪循環を生む可能性があります。膝の痛みは、年齢関係なく訪れる可能性があります。早めの対処をすることにより、将来的に痛みが和らぐ可能性もあります。また、アレルギー成分が含まれている可能性もありますので、服用をする際には原材料に注意しましょう。

この記事を書いたユーザー

Furou Break このユーザーの他の記事を見る

暮らしに役立つ記事を書くWebライターです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら