子育てをする際に、気になるのは、住んでいる街の“子育て支援”ですよね。
最近では、乳幼児(子ども)医療費の補助を、中学卒業や高校卒業までに広げる自治体が急増しています。

出産に祝い金を支給したり、給食費を補助する自治体も増えつつあります。

子育て世帯を呼び込み、過ごしやすさを実感してもらおうとしているのでしょうね。

今回は、子育て関係の補助が充実している自治体を、女性の素敵なマネーライフを提案するサイト「WomanMoney」からご紹介しましょう。

出典hap / PIXTA

■「医療費補助」が充実しているのは?

子どもは病気やケガで病院にいくことが多いもの。

子供の医療費を平成27年4月の時点で、乳幼児(子ども)医療費の補助が充実しているところをいくつかを挙げてみます。

22歳年度末(大学・専門学校生)まで入院・通院医療費が無料・・・「北海道南富良野町」
18歳年度末まで入院・通院医療費が無料・・・「福島県」全域、「東京都千代田区」、「日の出町」「奥多摩町」
15歳年度末まで入院・通院医療費が無料・・・「静岡県」全域、「東京都」全域、「埼玉県」全域、「群馬県」全域、「兵庫県」全域、「鳥取県」全域

■出産「祝い金」を支給してくれる自治体

・「東京都日の出町」は出産1回につき3万円祝い金
・「茨城常陸大宮市」は3子から5万円、栃木県大田原市は3子から10万円祝い金
・「兵庫県相生市」は、出産1回につき5万円祝い金
・「北海道池田町」は1、2子まで15万円、3子20万円、4子以降40万円の祝い金。「松前町」では第1子で20万円、2子30万円、3子以降50万円の祝い金。

■「給食費」を補助してくれる自治体

出典jessie / PIXTA

・給食費無料の自治体・・・「東京都奥多摩町」、「埼玉県滑川町」、「小鹿野町」、「栃木県大田原市」、「群馬県南牧村」、「兵庫県相生市」など
・給食費一部補助の自治体・・・子供3人目についての給食費を補助するのが、「東京都葛飾区」、「神奈川県大和市」、「群馬県桐生市」、「山梨県南アルプス市」

■「どこへ住む」か、迷う?

例えば「東京都奥多摩町」は、給食費補助だけでなく、保育園の待機児童も無しとのことで、首都圏在住としては、ありがたいこと。

お子さん3人以上の病後時預かりも小6まであり、15年以上定住で、住宅補助金が最高200万円まで支給です。

上記のほか「埼玉県滑川町」、「栃木県太田原市」、「北海道松前町」も、高校卒業まで乳幼児医療費が補助されます。

「神奈川県大和市」の乳幼児医療費は、県内の他の地域より長い、通院12歳(入院は15歳)年度末までの補助。

関西では「兵庫県相生市」が、上記の他にも新婚世帯家賃補助、定住者に最高50万円補助、保育園幼稚園児の保育料補助、幼稚園給食無料など行っていますよ。

いかがでしたか?

もちろん通勤やお仕事のできる範囲内でですが、こうした補助の状況で住むところを決めるのも良さそうですね。

子育て世帯にとって、子どもがいくつまで医療費の補助が受けられるかは大きいし、給食費の補助などもできれば受けたいもの。

隣の町なのに大きく違うこともあります。

引っ越しを考える時は、ぜひ、市区町村のHPなどで確認してみてくださいね。

【オススメ記事】
田舎暮らしをしたい人必見!「空き家バンク」って知ってる?
無印良品の隠れた名品「スチール仕切板」便利すぎる4つの活用法

【WomanMoney】
WomanMoney(ウーマンマネー)は、「輝く女性に向けて素敵なマネーライフを提案」をメディアコンセプトに、いつまでも輝いていたい女性にむけて、お金に振り回されなくなるお役立ち情報を発信するサイトです。

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス