エンターテイメントの世界。

Licensed by gettyimages ®

幼い頃、一度はあこがれた。今でも夢を追いかけている。そのような方もいらっしゃることでしょう。夢を追うことはとても大切なことです。今日は、「あなたの夢が叶う可能性」について、ご紹介します。

日本レコード協会の統計によると、2013年のデビュー歌手数は339組。そのメジャーレーベルの契約を継続するためには、数年以内に結果を出さねばならない。

出典 http://toyokeizai.net

毎年300組以上の歌手がデビューをしていると言われていますが、そのうち私たちが知っている方は数人程度ではないでしょうか。今は音楽業界も不況と言われているため、サラリーマンと同様に「即戦力」が求められる時代でもあります。

子供の頃から、音楽に慣れ親しんでいる子が沢山います。

Licensed by gettyimages ®

事務所にスカウトをされて入ることができれば良いですが、殆どの場合、バンドやアーティスト個人で「オーディション」を受けることになります。会社員でいう「面接」です。その際、やはりある程度の音楽の技術はあったほうが良いでしょう。

インディーズでも人気のあるバンド、歌手がたくさんいます。

Licensed by gettyimages ®

メジャーデビューしている方以上に、インディーズで活躍している方、メジャーデビューしている方以上に人気のある方がいらっしゃいます。敢えてインディーズで活動をしている方もいらっしゃますが、ライバルはミュージシャン、歌手同士でも非常に多いのです。

色々なミュージシャンにどのくらいの年収か本音を聞いてみました。
年収10万円未満の最下層に20,000人がいる世界です。そのうち、年収300万円以上をもらえる人が年間20000人のうちの200人にも満たない世界だそうです。ちなみにその300万以上稼げるミュージシャンの中でも食べていけるようになるのはそのうちの数パーセントとなりまたそれが永続的に年収をもらえるのは20000人のうち2、3人となります。

出典 http://heikinnenshu.jp

殆どのミュージシャンは、音楽一本ではとても生活をしていくことができません。夢を追いながらきちんと生活をしていくことが大切でしょう。

勉強したら試験に受かるような世界ではなく、売れるためには技術以外のたくさんの要素が必要になります。

夢を叶えるには、しっかりとしたキャリアプランを。

Licensed by gettyimages ®

「音楽で食べていきたい」その夢はとても素晴らしいものだと思います。でも、ただ漠然とライブや練習をしたところで、それで生活ができるようになるというのは奇跡に近いことです。どうすればライバルよりも人気が出るのか。自分の強みと弱みは何なのか。会社員やフリーランス、経営者のかたと同様に、戦略を組んで夢に向かって、実現をいくことをお勧めします。

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス