冬の間、長く使っている加湿器。日常のお手入れもきちんとおこなって清潔な状態を保ちたいものです。

お手入れを怠るとタンクや本体に雑菌が付着したままにしておくと内部で繁殖してしまい、菌を部屋中にまき散らしてしまう……、なんて心配になってしまうことも。

ウィルス予防のために加湿していたのに、雑菌をばらまいてしまっては大変です。日頃から本体を清潔に保つために、取り扱い説明書を読んで機種にあったお手入れをおこなうことが大切です。

そこで今回は、加湿器の正しいお手入れ方法をご紹介しましょう。

■タンクの水は「継ぎ足し」しない

加湿器の水は継ぎ足しをしないで、毎日タンク内の水を捨てて、よくすすいでから新しい水に交換してください。

これを毎日おこなうだけでも汚れの付き方が違います。

■フィルター掃除は「2週間に1回」程度

外の空気を取り込むフィルターは2週間に1回程度、埃を掃除機で吸い取りましょう。

お部屋の掃除機をかける時に一緒に吸い取るようにすれば手間がありません。

■トレイの水垢は「クエン酸」で

トレイも2週間に1回くらいの割合で掃除をおこないましょう。

トレイの中を柔らかいスポンジや布で拭きます。汚れがひどい場合はクエン酸水を使って掃除をします。

固いブラシなどで洗うと傷がついてしまうので、柔らかいもので優しく洗います。

■拭き出し口の掃除は「楊枝」や「綿棒」を使って

水や水蒸気の通り道になるところは1ヶ月に1回程度は掃除をおこないましょう。

すき間や入り組んだところは楊枝や綿棒を使って、水垢などの汚れを丁寧に落とします。

汚れがひどい場合は1.5リットルの水に約大さじ1杯のクエン酸を溶かしたクエン酸水を使って掃除をおこないます。

特に超音波式の本体や水槽内は雑菌が繁殖しやすいので、まめにお手入れをおこないます。

■加湿フィルターも「クエン酸」を上手く使って

加湿フィルターについた白い汚れは水の中のカルキが固まったものです。クエン酸水に2時間ほど、つけ置き洗いをしましょう。

つけ置き後は水道水ですすぎます。クエン酸が残っていると故障の原因になる場合もあるようなので、よくすすいでください。ゴシゴシ洗ってしまうとフィルターが傷んでしまうので、優しくつけ置き洗いをおこないましょう。

タンクやトレイなど汚れがひどい場合もクエン酸水でつけ置きしておきましょう。最後にエタノールや除菌アルコールティッシュなどで拭きあげるとより殺菌効果があります。


快適な空間を作るためにも、加湿器は水垢やカビをためる前にまめに掃除をするように心がけることが大事ですよ。

意外と分かってない?タイプ別「加湿器」メリット・デメリット
間違えてる人多すぎ…!本当に加湿できてる?正しい「加湿器の使い方」

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス