不審な女性

別所でも話した記憶あるからもしかしたら聞いたことある人もいるかもしれないけど今から3~4年前の話。マンション住まいの友達の家に遊びに行ったとき、ちょうど時間は夕方5時くらい友達はマンションの5階に住んでいるので、さすがに階段は面倒なのでエレベーターを使う事に。しかしエレベーターのドアが開いた瞬間「ウッ」と思い立ち止まった。喪服姿の小太りした女性が入口側に背を向けて入口をふさぐように立っていた幽霊というよりは頭おかしい人が乗ってるのかと思い、さすがに「ちょっとどいてくれませんか」と話しかけるのも怖いので立ち尽くしていたらそのまま扉が閉じた見なかったことにして階段で5階まで行くことに。3階くらいまで登ったところでエレベーターを見てみると、ちょうど5階までエレベーターが上がっていた5階の人がエレベーターを使おうとしたらしい、ちょうど4階と5階の間の階段で階段を下りてくる女性とすれ違ったので「エレベーター使おうとしました?中に変な人乗ってませんでした?」と聞いてみたおばさん「ええ、乗ってたわ、不気味でエレベーター乗れなかったわよ、本当迷惑よねー・・・」と軽く話した。全く気味悪い人もいたもんだと思い友達の家へ。さっそく友達にもエレベーターの中にいた女性の話をした友達「マジかよ?迷惑な奴もいるもんだな、きみわりいなー、まだいるのかな?夕飯食いに行くついでに確認してみるか」となり、まあ友達の家で20~30分くらいしゃべってたから、さすがにもういないかなーとは思っていた。そして友達と一緒にエレベーターのドアを開いたら、いる。まだいる「・・・・・・」沈黙数秒、(エレベーターのドアが閉じる)友達「あいつか・・・」俺「ああ・・・・」友達「なんかこええな、階段下りて行こうぜ」まあ階段降りながら「あいついったいなんなんだよ」とか「ただ人を脅かそうとしてるんじゃないか?」とか話しながら1階へ俺「マンション管理人に言ったほうがいいんじゃねえか?連絡とれる?」友達「さすがに今は無理だなー、帰ったら後で連絡するわ」とか話してたらエレベーターが今度は降りてくる。3階か2階の人が押したのかな?と思ってたが。1階まで下りてきた友達「おい・・まさかあいつ降りるのか?」と聞いてきた俺は何も答えられないままエレベーターのほうに目をやっていたドアが開く今度はその女性は正面を向いていた、しかし顔を見た瞬間背筋が凍りついた。その女性が不気味な能面をつけていたからだ。能面をつけた女性はこっちに目をくれる事もなく(もしかしたら能面越しに目はこっちを見ていたかもしれないが)そのままゆっくりと歩き去って行った。俺「明らかに不審者だよな・・・、警察に通報したほうがいいんかなあ?」友達「いや・・・何かされたわけじゃないしな、他の住民がもう言ったかもしれないけど後でマンションの管理人に言っておくよ」その後友達は管理人に報告したらしいが、その後その女性はあらわれていないらしい。幽霊ではなく多分人を脅かそうと思ってる悪戯の犯行なんだろうけど、本気でこういうのはやめてほしいと思った。ちなみにその能面かぶった女性が出没したのはS県K市のイエローハット付近のマンションだ

大学の有名な噂話

俺が通ってる大学の有名な噂話。うちの大学には妙なのが住み着いてる。見た目は長身やせ型の20歳前後くらいの男で顔は彫りの深い、沖縄系の濃い顔。(イケメンではない)ただの学生だろ、と思うかもしれないがなんとこいつ、この大学が出来たときから大学に住み着いているらしい。(駅弁国立なので、60年くらい)その時代の流行り廃りに合わせて服装を変えているらしくまた四季に合わせても装いを変えていることから身なりにはそれなりに気を使っているようだ。(黒ジャケにジーンズってのが多い)そのへんの学生の気に入った服装を自分の外見に反映させているようでたまにロゴがおかしかったり、英字が間違ってたりする。60年前からずっと、大学構内を彷徨いてるが本が好きらしく、学内の生協の書店コーナーや図書館によく出没するが本を手にとって読むことはなく、並べてある本の表紙をずっと眺めてたり他人が読んでる本をチラチラ見たりしてる。たまに授業を受けてて、気に入ったらしい講義には度々出席する。(先生も把握してて「今日は彼は欠席のようですね~」とか言ったりする)目を合わせると魅入られて憑かれる・・・こともなくプイっと目をそらしてどこかに行ってしまう。正体については諸説あって、単位取り終える前に死んだ留年生の霊とかこの土地に住んでる神様の類とか、宇宙人のアバターとかいろいろ言われてる。(マルコビッチの穴みたいな存在だって話を聞かされたこともあるw)この話は、この大学における新歓時期の鉄板ネタとして数十年にわたり代々後輩に語り継がれているらしい。

ホワイトハウス

今までずっとROM専だったけど、なんとなく書いてみる。長文で悪いけどあまり怖くはないかもしれないが、俺の実体験なんで何か参考にでもなったらなと・・・。俺の爺さんはよくわからないけど自称霊能力者らしい。知り合いを呼んでお祓いをしたりしていた。小さい頃は何とも思っていなかったが、さすがにあるていど歳を取るとまったく信じなくなっていった。胡散臭い爺さんなんだが、何故か色んな人がうちの爺さんに会いに来る。爺さんは無償でお祓いを行っていたから金儲け目的で嘘をついてるわけじゃなく、本気らしい。中学生になるくらいには爺さんアホくせえと思ってた。そんな爺さんに関するエピソードがいくつかある。俺が小学5年生の時に、俺の親父が死んだ。まあ普通の病気だった。どうも親父の死ぬ歳を爺さんが予言していたらしい。親父が健康な時から爺さんは親父に「お前はこのままだと38歳で死ぬから毎日神様にお参りしろ」みたいな感じの事を言ってたらしい。親父はまったく信じる事なく、まあ38歳で死んじまったわけだ。他にも似たような感じで他人の死期がわかる事がたまにあるらしい。なんか神様が教えてくれるんだとさ。あと爺さんの別の話だが、俺が中学2年か3年くらいの頃に爺さんの車で買い物に行った時だ。爺さんは何か知り合いの家に用事があったらしく、俺を車に残し「すぐ戻るから待ってろ」とか言って知り合いの家に向かった。車を降りて数歩ほど歩いたとこで急に爺さんが戻ってきて俺に「お前は絶対に車の外に出るなよ」と俺に言う。俺が理由を聞くと爺さんは「変な女がお前を見てる」と一言だけつぶやいて知り合いの家に歩いて行った。当時の俺は爺さんの霊能力をまったく信用していなかった。まあ今でも信用していないけど俺は爺さんが見えなくなってから車の外に出た。理由はあんまり覚えていない。爺さんへの反発という事もないと思う。爺さんの霊能力は信じていないが爺さんの事は嫌いではなかったから。しばらく歩いて車に戻り爺さんを待った。しばらくして爺さんが帰ってきて、その後買い物に向かった。爺さんに何か言われることも無く、買い物も無事に済んだ。問題はその日の夜だった。なんだか寝苦しく、気持ち悪い夜だった・・・と、思う。もしかしたら記憶の中で多少おおげさになっているかもしれない。全然眠れなかったんだが、しばらくすると枕元・・・と言うのかな、頭の上あたりに気配みたいなものを感じた。何か擦れるような音とかが聞こえたと思う。俺はビビリだから目を開ける事もできずただただじっとしていた。ずっと、何かの気配と謎の音が聞こえる。恐怖を紛らわすために他の事を考えようとしたんだけど、何故か頭に浮かぶのはスーパーマリオのテレサだった。そんな感じでまったく眠れなかった。そのまま朝になって鳥の鳴き声が聞こえてきた。雀だと思う・・・たぶん。その頃になるともう気配も音もなくなっていた。俺は寝れなかったけど。しばらくして婆さんの声が聞こえてきた。「○○起きろー」みたいな感じのそこでばっと起きて走って一階にあるキッチンへ走った。婆さんに走るなと怒られた。飯を食ってた爺さんが俺を見るなり「お前外にでたやろ、払ってやる」と言って神様の部屋(我が家には爺さんの要望で作られたそういう部屋がある)に連れていかれ、背中を叩いたり背中に何かを書く等の、爺さん流のお祓いをされた。その後、夜に気配を感じる事は一度もない。あと我が家の行事には特殊なものがある。爺さんが知り合いをたくさん連れて高野山へ行くというイベントだ。これが年に2、3回ほどある。中学3年生の時だっただろうか、その時は俺も爺さん達と一緒に高野山へ行った。高野山にある、名前は忘れたがおそらく有名な建物の中で急に知り合いの小母さんが「うぅーっ・・・」ってな感じでうなりながら倒れた。その後、「やめろー」とか「うわああああ」みたいな事を叫び出した。特に印象的だったのは小母さんの声だ。あれはどう考えても男の声だった。野太い男の声。小母さんはどちらかと言うと高めの女性的な声だ。苦しそうな小母さんの背中を爺さんが叩いた。何度も何度もその後、お経を唱えると小母さんは落ち着いて普通に戻っていった。その後の小母さんはいつも通りだった。最後にもう一つだけ・・・これは完全に俺の自業自得な話だ高校2年生の時、当時の俺はかなり調子に乗っていて、よく心霊スポットに行ったりしていた。そういえば当時俺が住んでいた学生寮もいちおう心霊スポットで夜中にインスタントカメラを片手に歩き回ったりもした。ちなみに余談だが、俺の住んでいた学生寮に出るという噂の幽霊は看護婦と高速ハイハイ赤ちゃんの二つだ。元産婦人科らしい・・・

俺の地元には犬鳴き峠だとか旧旧何とかトンネルみたいな有名な心霊スポットほとんど無い。ひとつだけ有名なものがあるが、それを言うと地元がバレるのでここでは割愛する。地元の人間でオカルト好きなら知っているレベルの心霊スポットが学生寮の近くにあった。ホワイトハウスと呼ばれる建物だ。名前の通り真っ白な家で、長い間放置されているようで蔦なんかが家に絡みついていて、もちろん窓ガラスも割れている。たしか引きこもりの池沼っぽい子供がいて一家心中したらしい。その後、建物を壊そうとした業者が怪我したとか死んだとか、建物に入った若いやつらが怪我したとか死んだとか・・・。まあ、ありがちな話だ。そんなホワイトハウスに俺は友達二人と午後8時くらいに入った。あの日は、夏なのに寒かった。玄関は木の板で封じられており、玄関からの侵入は無理だった。仕方なく塀を乗り越え庭に入った。ガラスの戸が壊されていて、白いレースのカーテンが揺れていたのをよく覚えている。家の中は思ったほどの廃墟ではなかった。暗かったので分からなかっただけかも知れない。一階はキッチンや風呂、居間等があった。先輩は風呂がやばいと言っていたので多少期待していたのだが、まあ普通の古い風呂だった。印象に残っているのはキッチンだ。キッチンには昔、家族が食事をしたであろうテーブルが置かれていた。そのテーブルの上には茶碗と皿がいくつか置かれていた。今でもその光景が頭に残っている。俺たちは2階へ向かった。急な階段を上った俺達を最初に向かえたのは、三体の日本人形だった・・・。廊下に棚が有り、そこに三体の日本人形が置いてあった。俺たちはそれを見て、気持ち悪りいとか言っていたと思う。しばらく人形で盛り上がった後、一番近い部屋に入った。そこはおそらく子供部屋だったんだろう。絵本が散乱していた。桃太郎だとか浦島太郎だとか、そんな感じの絵本が部屋いっぱいに散乱していた。俺は足でそれを退けながら進んだ。その後は特に目立つような物は無かった。他の部屋も一通り見て、俺達はホワイトハウスを後にした。問題はその後だった。俺は学生寮に帰り後輩達にホワイトハウスの話をした。後輩が自分の部屋に帰った後、俺はホワイトハウスで使ったインスタントカメラを取り出そうと鞄を手に取った。鞄がやけに重い。鞄のチャックを開けた、すると三体の日本人形が俺を睨んでいた「うわっ」声を上げ鞄を投げ捨てた。俺はすぐ友達に電話した。

「お前か?」と聞くと友達は爆笑していた。タチの悪い悪戯だ。明日になったら人形をどうにかしよう・・・そう思い、その日は寝た。次の日の朝、なんだか体がだるかった。気持ちが悪く吐き気がした。学校を休みたかったが、簡単に学校を休むと先輩に何を言われるかわからないので無理をして学校に向かった。不思議なことに寮を出ると多少体が楽になった。327: 本当にあった怖い名無し:2012/04/19(木) 01:00:13.01 ID:e7yOk7wC0クラスでは俺達がホワイトハウスに行った事が話題になっていて何度も声をかけられた。俺が体調が悪い事を伝えると、呪いだとか言って笑っているヤツもいた。授業中はほとんど寝ていた。学校が終わり部活に行く頃にはかなり体調は良くなっていた。部活も終わり、学生寮に帰る。靴を脱ぎ、片付け、部屋の鍵を開け、部屋に入り、倒れた。部屋に入った瞬間体が重くなり吐き気や頭痛が止まらなかった。俺はどうにか後輩に電話して、体温計を持ってこさせた。39度9分だった。すぐさま実家に電話して迎えに来てもらった。1時間30分ほどして叔母さんが迎えにやってきた。叔母さんの車に乗って病院に向かった。何故か学生寮を出ると体調は多少良くなった。病院では医者に正直よくわからないと言われた。菌もないし喉も腫れてないし・・・みたいな。ヤブ医者にもほどがある。とりあえず薬を貰って久々に実家に帰った。実家に着いた俺を待っていたのは爺さんだった。家の外で爺さんのお祓いが始まった。背中叩かれたりとか、背中に文字書いたりとか・・・そのあと、爺さんいわく「小さい霊が多数と、九州の軍人が付いてる」俺は驚いた。実は約一か月前に部活の大会で九州に行っていたからだ。ちなみに家族にはその事は言っていない。爺さんはさらに言った。「でも軍人は関係無いな・・・後もう一つ、変なのが憑いてる。これが何なのかは俺にもまったくわからん、でもたぶんこれが原因だろう」爺さんはそう言って家の中に入った。俺は疲れてその日はすぐに寝た。次の日爺さんに聞くと、「あれは祓うというより帰ってもらった」みたいな事を言っていた気がする。それから念のために4日ほど学校を休んだ。久しぶりに学校に行くと、クラス中の人間から色々な質問攻めに会った。俺の体調不良は呪いと言うことで定着していた。なぜか他のクラスでは俺は死んだ事になっているらしい。噂は怖いものだ。それからしばらくは知らない女の子に声をかけられたりと少しばかり楽しい日々が続いた。それ以来俺は霊っぽい現象には遭遇していない。まだ爺さんも健在である。ちなみに三体の日本人形はアジ塩を山ほどぶっかけて山に捨てた。噂ではあの日本人形はホワイトハウスに戻ったらしい。真偽のほどは定かでは無いが・・・。長文で申し訳ない。じゃ、心霊スポット行ってくる。

この記事を書いたユーザー

青空マン このユーザーの他の記事を見る

青空マンです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • スポーツ
  • 社会問題
  • ライフハック
  • インターネット
  • 育児
  • 広告
  • ゲーム
  • 暮らし
  • エンタメ
  • カルチャー
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら