踊場

私の卒業した小学校付近は戦争当時、空襲がひどかったらしく今でも防空壕の跡地や数年前も不発弾などが見つかったり、慰霊碑などが多く建てられている。小学生の頃、部活が終わり、さぁ帰ろうとしている時に仲良しのAが『あ!給食着がない…もしかしたら教室かも…』と言った。あいにく明日は休み。週末は給食着を持ち帰り洗濯をして次の当番へ回さないといけない為どうしても取りに行かないととの事で、Aと仲良しのBと私の三人で恐る恐る教室へ探しに行くことにした。教室へ行くには階段を登り二階の踊場を通り過ぎなければならない。その踊場の鏡はこの学校の七不思議の一つであり、夕方、この鏡を見るとこの世のものではないものがうつると言われていた。ただの迷信と言い聞かせていたが、やはり夕闇に照らされてるこの踊場は不気味というしかなかった。目をつむりながら踊場を通り過ぎ急いで階段を登りやっとの思いで教室へたどり着いた。『あ!あった!』と給食着を持ちAの安堵する表情とは裏腹にまたあの踊場を通り過ぎなければいけないのかと苦痛に思った。すると、突然Bが、『ねぇ、あの踊場の鏡ってさ…本当に何かがうつるのかな?』と言い出した。…おいおい、やめてくれ。とは思ったが、どっちにしろ帰るにはあの踊場を通り過ぎなければならない。辺りは一層暗くなるばかり。それならば早く進むしかないと意を決して教室を出て階段を降り始めた。一段、二段と降り続け、とうとう踊場へ。早く通り過ぎろうとするAと私とは違い、Bは興味深くまじまじと鏡を見つめていた。すると…『あ…』とBが呟き私とAも不意に鏡を見つめてしまった。そこには、いつもと何ら変わらない情景、そして私達の強張った表情、そして、その横に、防空頭巾をかぶったモンペ姿の女の子…。私達は、その場から動けなくなってしまった。その女の子は、泣きそうな表情を浮かべながら私達の方へ必死に手を伸ばし、『…もう戦争は終わったの?』とつぶやいた。私達は、恐る恐る頷いた。すると、見る見るうちに女の子は笑顔になり『…よかった。』と一言呟き、そのまま消えていった。私達は歩き出し気がつくと通学路を歩いていた。誰も一言も話さなかった。恐怖というより切ない虚しさがこみあげていた。戦争でたくさんの方が亡くなった。あの女の子も恐らく犠牲者で恐怖で何十年も隠れていたのだろう。…鏡の中に。ふと、見上げると、慰霊碑があった。いつもは何とも思わず通り過ぎていて気づかなかったただの慰霊碑。私達は誰からとも言わず、手を合わせてた。

バイクを見る子供

俺が体験した洒落にならない話。もう帰ってきたが、昨日まで、原付で旅行してた。二日の大雨の日、静岡県の道の駅で休憩しようと立ち寄った。その日は朝から箱根越えしてたせいもあってか、疲れてへとへと。原付を駐車場に止め、さあトイレに行こうと、バイクから降りると、小学校低学年くらいの子供が、傘もささずに小走りで原付の真横まで来た。俺を一目も見ることも無く原付を見ている。原付は何処にでもあるリトルカブで珍しいものじゃない。近くにいくつかある大型バイクの方が変わってるのになんでこんなバイク見てんだろ?って気になった。[どしたん?」って俺が聞いても返事も何もしない。まあ、取りえずトイレ行こうと思い、トイレの方に目をやった時、トイレから太ったおばさんが出てきた。その途端、子供が大声で「痛い!!痛いよ!!」って叫び出した。ビックリして子供の方を見ると子供は足の甲を押さえて叫んでいる。わけもわからず、「え!?大丈夫か!!」って聞いても痛いとしかいわない。そこへ太ったおばさんが大慌てで走って来て、「○○ちゃん大丈夫?ひかれたの??」って大声で叫ぶ。なぜか頷く子供。「え?いや?ひいてませんよ?」「何があったん?」とわけわからん状況に混乱しながら聞く俺。子供は俺の問いには答えず、母親のひいた当たったの決めつけ質問には頷きで答える。なぜか、完全に俺がひいたせいになってた。おばさんに状況を説明しようとしてもロクに聞いてくれない。半泣きになりながら俺じゃないと訴えてると、一部始終を見ていたらしい、近くの木の陰でカッパ脱いでたおっさんが釈明してくれて事なきを得た。子供がなぜあんなことをしたのか謎。エンジンを止めてバイクから降りた後に子供が走ってきたので、絶対に当たっていない。疑いが晴れた後、子供は普通に歩いて行ったし。トイレの方を見た一瞬の間に原付でも蹴ったのか?にしても音も聞こえなかったし・・・。

エイズ患者の襲撃

まあしかしHIVは怖いよちょっとコピペ[エイズ患者]自分の血液塗った弓矢で市民襲撃計画 中国エイズの末期患者の男(23)が社会を逆恨みし、自分の血液を塗った弓矢や注射器で市民を襲う計画を進めていた事件が中国南部の広西チワン族自治区であった。地元紙によると、注射で麻薬を常用してきた男は2006年1月、病院でエイズの発病を知り、余命3カ月と宣告された。絶望した男は数十本の注射器を購入、小学生らをだまし自分の血液で「予防注射」しようとした。また、2006年1月13日には、手に入れた爆弾で公安施設を襲撃。武装した警察隊に自宅を包囲され、爆弾を手に抵抗し、警察隊の発砲で負傷した。病院に搬送されたが、治療中も隠していた血塗りの弓で、「お前たちにエイズを感染させてやる」と叫んでいたという。男は2006年1月16日に死亡したが、自宅から自分の血液を入れた注射器24本と血を塗った刀類が発見された。同自治区ではエイズ感染者が確認されただけで2万人を超え、エイズの蔓延が進んでいる。

この記事を書いたユーザー

青空マン このユーザーの他の記事を見る

青空マンです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら