あるイチゴ農家の怒りのツイートが話題を呼んでいます。食べ残しをした利用者に対しての注意喚起に、利用者は「まずいから捨てた」と反論、そのツイートに多くの人から意見が寄せられています。

農家「まだ食べられる部分捨てないで」

きっかけは、あるイチゴ農家で行われているイチゴ狩り。そのイチゴ狩り営業が終了した際に、ゴミ箱に捨てられていたイチゴに、農家の人は驚きと怒りを感じ、注意喚起としてツイートしたようです。

ツイッター上では「美味しくないから捨てた」という意見

「食べたくないものを食べさせるお店ってどう思います?」そして、食べたかどうかは問題じゃないでしょう。残す人が多々居るって問題なのですから。

出典 https://twitter.com

「イチゴの甘い先っぽの部分のみを食べて捨てる」という行為に、賛同の声が多いと思いきや、「美味しくないから食べない」という反論が。その反論にして「食べてもないのに、無責任」といった意見が寄せられています。

怒りのツイートをするイチゴ農家に対して「(美味しくないようにする)企業努力が足りない」という反論もあったようです。

残酷・無責任・許せない…様々な意見

いくらイチゴ狩りだからといって「美味しくないから」と捨ててしまう行為は、作り手のイチゴへの想いを切り捨てるのは問題なのではないかと思う一方で、レストランやカフェなどの飲食店で美味しくなければ食べないという方も多いのではないでしょうか。

「食べ物のありがたみ」を考えるきっかけに

「食べ方を指示されたくない」という方もいるようですが、先っぽだけ食べて捨てる行為に反対意見が多いようです。あなたがもし農家で、1年かけて丹精込めたイチゴを先っぽだけ食べて大量に捨てられていたらどう思いますか。

いかがでしたか。イチゴ狩りのイチゴが美味しくなかったとしても、イチゴを作ってくれている農家の人々への感謝は忘れてはいけないですよね。

驚いたという方はぜひシェアしてくださいね。

この記事を書いたユーザー

sumalu このユーザーの他の記事を見る

東京在住のグルメライター。ツイッター(@Yoshida_Sumalu)もフォローをお願いします!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら