いまやサブカルチャーは日本の貴重な資源。その中心といっても過言ではないアニメを、今のクオリティまで発展させた名作の作品があります。

その中で描かれる世界は先進的で、遠い未来のことのようですが、実は設定上の年代がもう過去になっている出来事が、数多くあることはご存知でしょうか。

今回はその中から、いくつかを紹介したいと思います。

新世紀エヴァンゲリオン

セカンドインパクトによって、世界人口の半分が失われたのはなんと2000年。そして碇シンジが箱根に移った首都・第三東京市に移住してきたのが、2015年なのです。去年の12月に新約の映画版が上映開始するという発表があったのには、こういうわけがあったのです。結局、延期されましたが。

超時空要塞マクロス

マクロスの原型になる戦艦が、地球に墜落したのが1999年。リン・ミンメイや一条輝を乗せたマクロスが宇宙に旅立つのが、2009年でした。あの画期的な可変戦闘機が、なんと過去の話?と思う方も多いかもしれません。

機動戦士ガンダム

あの機動戦士ガンダムの世界は地球で育った人VS宇宙で育った人。この構図が成り立つ前提としては、地球の統一政権「地球連邦」が樹立される必要があるのですが、その年が1999年(諸説あり)。なんとあの戦乱のアニメは、リアルの地球よりもずっと早く地球上の国境はなくなっていたのです。

あの空中を自由に飛ぶ100万馬力のアトムは、2003年生まれ。驚くことにアトムを手塚治虫が描き始めたのは1951年という戦後6年という年だってのにもかかわらず、現代社会にかなり近い世界を描いていたという点です。天才の頭脳は、人間の歩みのスピードすら想定の範囲内であったということでしょうか。すごいことです。

最後に

私たちが生きる「2000年代」というのは、アニメ勃興期においては遠い憧れの対象だったのかもしれません。またノストラダムスの大予言なども、遠い時代というイメージを植え付けました。

アニメがポピュラーになるに従い、まだ先だと思っていた時代に生きる世代が、過去の想像の世界を目にする時代が来るかもしれません。宇宙戦艦ヤマトがとびたつ2199年の子供たちは、宇宙の大海原に漕ぎ出しているか興味がありますね。




おすすめ記事

この記事を書いたユーザー

シャア! このユーザーの他の記事を見る

東京在住のライター。日常の出来事で考えさせられるすこと、興味を引く面白スポットなどをとりあげています。

得意ジャンル
  • エンタメ
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら