え?あの人も?不倫報道から結婚を果たし世間を騒がせた有名芸能人たちが実はたくさんいるんですね。

石橋貴明・鈴木保奈美夫妻

1998年に石橋貴明(52才)と結婚した鈴木保奈美(47才)もそのひとり。知り合った当初、お互い婚姻中の身。先に保奈美が夫と別れ、貴明が妻との離婚を発表したわずか4か月後に、ふたりは結婚会見を開いた。この時、保奈美は妊娠3か月ということもあり、W不倫だったのではないかと大きく報じられた

出典 http://news.livedoor.com

篠原涼子と市村正親夫妻

24歳年上の夫・市村正親とは01年に舞台共演で出会っているが、当時市村は既婚者だった。その後03年に離婚、05年に篠原と再婚している。

出典 http://news.livedoor.com

うつみ宮土理、愛川欽也夫妻

うつみ宮土理と愛川欽也が結婚したのは1978年11月。バラエティ番組の共演をきっかけに急接近。その時愛川欽也は別の女性と結婚しており二人の子供がいました。つまり不倫関係からスタートし、愛川欽也が離婚したその翌日に再婚したことからうつみ宮土理の略奪婚とも言われています。

出典 http://anincline.com

樋口可南子、糸井重里夫妻

ソフトバンクのCMで「お母さん役」を演じる樋口可南子は、糸井重里との不倫密会が発覚した時に「妻子ある人を好きになったんじゃありません。その人にたまたま家族があっただけです」と言い放ったことで有名だ。

出典 http://news.livedoor.com

安藤裕子キャスター

1989年12月23日に広告代理店勤務の妻子ある男性と略奪婚したものの、1993年3月に離婚。2006年12月25日、フジテレビプロデューサーで妻子ある堤康一と11年の不倫交際を経て略奪婚した

出典 https://ja.wikipedia.org

大魔神・佐々木と榎本加奈子 夫妻

まだ佐々木が前妻と離婚していない段階で榎本が妊娠し、05年3月に離婚成立、4月に出産、5月に再婚という流れだった

出典 http://news.livedoor.com

事実婚という形で不倫愛を貫いたのは倍賞美津子

1985年、当時アントニオ猪木(70才)と婚姻中だったが、映画で共演した萩原健一(63才)と恋に落ちた。1987年に猪木と離婚し、その後も長きにわたって、萩原と事実婚状態を続けた。

出典 http://news.livedoor.com

他にも不倫略奪婚から10年と言われるウッチャンや、布袋寅泰今井美樹夫妻、ミスチル桜井吉野美佳夫妻、時系列で遡ると・・・ん???おや??っという疑問が浮かぶカップルや夫婦が意外に多いのに驚きますね。

いまだに語り継がれるのが「不倫は文化」発言の石田純一

96年の秋に女優・長谷川理恵との不倫が発覚。写真週刊誌に密会をスクープされ、一躍時の人となった際の「迷言」ですね。

忍ぶ恋とか思っているだけの恋とかそういう話があったっていいじゃないですか? 
なんでその一つの範疇に、常識とか価値観、それだけ以外は糾弾されなくちゃいけない?
それは僕にはわからない。今までに文化を作ったいい音楽やいい文学はそういう事からも出来ているし、それは人それぞれが勝手で、小説が素晴らしければ褒め讃えられて、その人の行為は唾棄すべきものだ、と僕は思わない。人それぞれ人生あるから」

出典 http://www.excite.co.jp

いずれも現在は円満家庭を築いていると言われており、前妻から夫を奪ったという経緯はあれども「今は夫婦そろって幸せそうだからいいか」と温かい目で見られているのかもしれない。

出典 http://news.livedoor.com

この記事を書いたユーザー

りん5 このユーザーの他の記事を見る

やりたいように生きる♡ラインスタンプ販売中♡
副業でどこまで稼げるかを日々の出来事とあわせて綴っています。

グルメやレポートや旅行中心Diary
http://ameblo.jp/chou-chou77/

ダイエットや引き寄せなど興味があることにチャレンジDiary。
http://poporingo55.hatenablog.com/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 話題
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス