子がかわいくて旦那への愛が薄れたときには

結婚し子が生まれれば女性は母性の塊に。守るべきわが子への強い愛、その無償の愛は世界で最強です。

そして旦那はパパとなれば、自動的にトップから引きずりおろされ、仕方がありませんが、さらに旦那への愛が少しずつ冷めて苦自分の気持ちに戸惑う妻が浮かびます。

嫌いではないはずなのにこれは不思議。

最近イクメンも多いですが、どうしても妻のほうに負担がかかり、そうしたときはっきり手伝ってもらいたいといってください。協力してくれればうれしいし、愛情も確認できるでしょう。

そして、出産という仕事をして子育ても頑張っているので、少しご褒美があってもいいでしょう。ほしいものをねだってみていい返事がもらえればうれしいです。

育児は2人でするものですが、ありがとうといった言葉は大事で、旦那さんも妻に感謝しているはず。

旦那と二人でデート、親子で遊園地にいく、一人で遊びに行く

四六時中子と一緒にいれば、自然に旦那への気持ちが薄れます。たまに子を実家に預けたり、ベビーシッターにお願いして1日2人で過ごしてください。

ですが、このことをなるべく思い出さないように大人のデートプランを立てましょう。

どうしても子を預けなければならないなら、たくさんのファミリーでにぎわう遊園地、動物園に行ってみてください。

そこは幸せな笑顔いっぱいで

じぶんたちもそのファミリーの1つ。旦那がいるからこそなのだと確認できます。疲れたおとうさんの姿もいられ、みんな家族のため一生懸命働いてくれると気が付くでしょう。

自分一人になりたい方は、一人遊びに行ってみてもいいです。こと2人でいれば、自分は蒙古さえいれば他はいらない気になります。

たまに子供を預け独り身で遊びになってください。育児でたまったストレス発散し、すっきりしましょう。

旦那の好物を作る・子と遊ぶ旦那の姿を撮影

ほったらかしでごめんの気持ちを込め旦那の好物を食卓に出しましょう。忙しいがたまに1番に考えてあげること。旦那の喜ぶ顔でもやもやもリセットされます。

旦那の写真を撮るのもいいです。母性よりスタートが遅い父性ですが、子をあやしてくれる旦那の顔は優しく、父子のツーショット写真を撮り嫌になりそうなときに眺めてください。

結婚式のアルバムを見る・旦那のDNAを探す

結婚式のアルバムを見れば、ラブラブな気分がよみがえっています。子が生まれる前のことはもう思い出せなくなっているかもしれず、ラブラブの時の写真、かわいい子の原点はここです。

ラブラブのころの写真を見れば、今度はこの顔を眺めます。このかわいい表情はパパ、ママどっちにでしょうか?

かわいい鼻、パッチリおめめ、愛想の良さ、自慢したくなるこのあれこれ、旦那のDNAだったりします。

そう思えば旦那の好きなところの再確認できます。


泣く子に安心を与えるには

今共働き家庭が増えて、保育園利用してる子も増えてます。

他いろいろな事情でお子さんを保育園にあずけなければならない時があります。預けに行ったまではいいが、子に泣かれて、そんな子を見てこちらも胸が痛くなり泣きたくなることも。

こうしたときお子さんに元気に保育園で過ごせるよう安心感を与えられるのは親の愛。

何も告げられず、突然保育園に預けられては、子も不安になって混乱して泣いてしまうでしょう。

この年齢に関係なく、保育園に預ける前日までどういった理由で保育園に行くか、必ず迎えに来るということを伝えてください。

赤ちゃんでも親の様子を見て察知する能力があり、私も保育園に通ったことがありますが、突然預けられて捨てられたのではといった不安になった経験があり、今でも覚えてます。

その位子にとって、知らない方がたくさんいるところに預けるのは一大事。

わが子が泣いてるのを目の前に笑顔になれない、そう思われる親も多いですが、お子様は親御さんの不安な顔を見ればますます不安に。

ぜめてバイバイするときまで笑顔でお子さんに接してください。

不思議なことに子は特に親の感情、精神状態にとても敏感で、イライラ、落ちこむ、こちらは表情に出していなくても顕著に感じられるようになっていて、周囲のママの話、保育士の話でも同じような話がありました。

そのためまず親の精神安定はとても大事。もう泣かない子でさえ、親の精神状態がよくないと元気なく、保育園に行くのを嫌がったり、泣くこともあります。

逆に精神状態がいい時笑顔で友人のところへ走り、振り返りもしないということもあります。

毎日仕事、育児に終われストレス発散する暇ない方がほとんどですが、ちょっとした時間でいいですから、リラックスできる時間を作って、安定した状態を保てるようにしましょう。

言葉が話せる子は、今日話したいことはないかきいてみましょう。そして言葉が話せなくても、親はいつでも子の話を行く姿勢出るということを認識させることで、何でも親に打ち明けていいといった安心感が生まれ、本当は親に打ち明けたいが、子なりに打ち明けられないでいることがあります。

私の子も言い出せず本人なり悩んでいたことがあって、この心のモヤをとることも安心につながります。

保育園にいるとき、子なり甘えたい気分を抑え我慢していて、親は家に帰ったらごはん、子供を風呂に入れること、寝るまで本当に戦争みたいですが、わずかな時間でも抱きしめましょう。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら