記事提供:NICOLY

VIOの脱毛って気になるけど、どういう方法があるのか、費用はいくらくらいなのか、痛みはどれくらいなのか……と、気になることだらけで不安。そもそもクリニックと脱毛サロン、どっちに行けばいいの?

女性にとって切っても切り離せない「毛問題」

いちいち処理するのが面倒だからと、全身脱毛を考えていますが、デリケートゾーンのVIO脱毛に関しては、かなり慎重になっています。

そもそも脱毛には、クリニックでの脱毛と脱毛サロンでの脱毛の2択がありますが、VIO脱毛に一番適しているのはどっち?

しっかり比較して違いを理解したうえで、VIO脱毛に臨みたいところです。

VIO脱毛って?

VIO脱毛とは、アンダーヘアの脱毛のこと。アンダーヘアの脱毛はほかにもデリケートゾーン脱毛やハイジニーナ脱毛と呼ばれることもあります。

ただ、VIO脱毛は毛を部分的に残す脱毛、ハイジニーナ脱毛は毛をすべてなくす脱毛という違いがあるそうです。

そして、VIO脱毛はセミハイジニーナ脱毛と呼ばれることもあるんだとか。

とはいえ日本では、ハイジニーナ脱毛と銘打っている脱毛サロンでも、要望に応じて毛を部分的に残してくれるので、ネーミングによって明確な違いがあるわけではありません。

●Vライン:ビキニライン

●Iライン:股の間

●Oライン:おしり周り

日本で一番多いのは、Vラインを部分的に残して、IとOは完全に毛をなくす脱毛だそう。

海外ではまったく毛を残さない脱毛が主流ですが、日本人にはまだまだ抵抗があるのかもしれません。

どこでVIO脱毛ができるの?

VIO脱毛ができる場所は主に、クリニックと脱毛サロンの2択があげられます。

■クリニック
クリニックは病院、美容外科、美容皮膚科など、医師による医療脱毛が受けられる場所。

クリニックでは、医療機関でしか取り扱うことのできない医療レーザーを用いて脱毛を行います。

脱毛機器の出力はジュールという単位ではかるのですが、医療レーザーは最大60ジュールまでだすことができ、かなりパワーが強いです。

パワーが強い分効果が高く、通院の回数も脱毛サロンの半分以下で済むことがほとんど。

ただ、その分痛みが強く、脱毛サロンで施術経験がある人がクリニックで施術を受けると、あまりの痛みの違いに驚くこともあるんだとか。

ただ痛みの感じ方には個人差があるので、こればかりは実際にやってみるまでなんともいえません。

また、自由診療である医療脱毛は、高額なイメージがあります。とはいえ、費用はクリニックによりかなりのばらつきがあるため、事前の価格調査は必須。

なかには脱毛サロンと価格がほとんど変わらないクリニックもあります。

医療脱毛のメリット
●効果が高い

●5~6回の通院で脱毛完了

●医療の観点から脱毛のアドバイスがもらえる

医療脱毛のデメリット

●痛みが強い

●費用が高い

■脱毛サロン

脱毛サロンとは、光脱毛を専門に行うエステのこと。

施術はエステティシャンが行います。

エステと聞くと勧誘や高額な料金のイメージがありますが、脱毛サロンは「勧誘いっさいなし」と宣言していたり、料金を明確に表示してくれていたりと、比較的安心できる場所が多いんです。

また、脱毛サロンの脱毛は「永久脱毛」ではなく「半永久」もしくは「毛が生えるのを遅くする」といった表現が多め。

これは「永久脱毛=医療行為」と厚生労働省が定めており、医師免許をもたない人が永久脱毛を行うのは医師法違反として禁止されているからです。

脱毛サロンとはあくまでエステであり、医療機関ではありません。

だから、脱毛サロンで主に使用される光脱毛器は出力が20ジュール以下と、クリニックに比べるとかなり弱めです。

脱毛器のパワーが弱めな分効果を実感するのが遅く、永久脱毛はなかなか望めませんが、その分肌への負担が少なく済みます。

サロン脱毛のメリット

●費用が比較的安い

●店舗がたくさんあるので通いやすい

●脱毛後、美肌や保湿ケアをしてもらえることが多い

サロン脱毛のデメリット

●10~27回通わないと脱毛完了しない

●「永久脱毛」ではない

価格に要注意!

一般的なクリニックと脱毛サロンのちがいを説明しましたが、もうひとつ注意しておきたいのが価格の差。

基本的にVIO以外のパーツを脱毛する場合、クリニックより脱毛サロンの方がコスパがいいという声が多いよう。

しかし、VIO脱毛だと「どちらもあまり変わらない」「むしろクリニックの方がコスパが良いかも?」という声も。

なぜかというとVIO脱毛の場合、クリニックで5回施術するのと、脱毛サロンで10回以上施術するのと費用に大差がない場合があるんです。

1回あたりの施術料はもちろん脱毛サロンの方が安いけれど、何度も通わなければならないことやかかる期間を考えると、クリニックでぱぱっと済ませた方が効率がいいかもしれません。

ただもともと毛が薄かったり細かったりする人は、脱毛サロンで5~10回通えば毛がほとんど生えなくなる、なんてことも。その場合はもちろん脱毛サロンの方が安く済みます。

また、「どこまで脱毛できたら満足するか」によっても回数は変わってくるもの。
「数本生えている状態は別に気にしない」「うすくなればそれで満足」もしくは「完全に毛をなくしたい」など……。

本人の要望や毛の質量によってもかかる費用は大きく変わってくるんです。

どっちがいいとは言えませんが、VIO脱毛に関しては「クリニック=高い! 」「脱毛サロン=安い! 」なんて固定概念は捨てた方がいいかも。

自分に合った場所でVIO脱毛を

クリニックも脱毛サロンも、メリットとデメリットがあります。

たとえば万が一肌のトラブルが起こったとき、クリニックなら医師が迅速に対応してくれます。

ただ、その分痛みが強いし肌への負担も大きい。

脱毛サロンなら肌への負担や痛みが少ないけれど、脱毛完了まで時間がかかるし効果永久じゃない……。

痛みを選ぶのか、かかる時間を選ぶのか、優先順位は人それぞれ。

しかし近年の脱毛ブームで、クリニックの価格がどんどん下がっていたり、脱毛サロンでも高い効果が得られたり、クリニックと脱毛サロンそれぞれのデメリットがだんだんなくなってきているんです。

だからクリニックか脱毛サロンかで選ぶよりも、口コミを読んだりお試しに行ってみたりして、自分にとって1番「居心地の良い」場所をえらぶのがベストな気も。

デリケートな場所だからこそきちんと自分に合った脱毛方法をえらびたいもの。

適切なVIO脱毛を行ってコンプレックスがひとつ減ったら、もっと毎日が楽しくなりそう!

クリニックが良い人はこちら

脱毛サロンが良い人はこちら

written by 町田真琴

この記事を書いたユーザー

NICOLY:) [ニコリー] このユーザーの他の記事を見る

ダイエット、肌のトラブル、バストアップ、整形、妊活、脱毛、などなど・・、コンプレックスを解決するための治療法や体験談を毎日紹介。医師が監修しているから安心。コンプレックスで悩んでいる人を笑

得意ジャンル
  • ライフハック
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス