こんばんは!Tomです





夏休みも近づいてきて受験生としての
自覚が出てきたころだと思います




そんなあなたに警告します




意識高い系受験生は失敗する





あなたはついつい書店に行って
新しい参考書に手を伸ばしていませんか?

ちょっと気分を変えようと思って
いつもと違う勉強方法で

勉強していませんか?




今、あなたが勉強を進めている中で

"勉強しているのに成績が上がらない"
"他の受験生より多くの時間勉強している
のに偏差値が伸びてこない"

と思うことはありませんか?




少しでも心当たりがあるなら
あなたは無意識に



"意識高い系受験生"



になってしまっています




その状態では、あなたの偏差値は
一向に上がらず地獄を見る羽目になります


自分ではある程度知識がついてきたと
思っていても、周りのライバルに
どんどん引き離されていきます


自分よりできないと思っていた
同級生にさえ追い抜かれ、


「やはり自分には才能がないんだ…」


と最悪の受験生生活
を送ることになります





しかし、今、この記事で自分が
"意識高い系受験生"になっていると
気づくことができたら



あなたの偏差値を想像できないほど
伸ばすことができます




クラスの友達からは

「お前頭良すぎ!」
「どうやったらそんなに
できるようになるの?」



と意識高い受験生ではなく
本当に"賢い" "頭の良い人"として見られ

尊敬され、羨ましがられます





そうなるためには絶対に
"意識高い系受験生"には
ならないでください



私の言う"意識高い系受験生"とは



● 自分の学力のレベルを知らずにそれに  見合わない参考書を買ってしまう

● まだやり切っていない参考書があるの
  に新しいものを買ってしまう



ような学習意識の高い
受験生のことです



今これを見て自分のことだと
思った人はいませんか?



こういった"意識高い受験生"が
失敗するのは
学習意識が高いうえに

『あれもやろう、これもやろう』
といってさまざまなものに
手を出してしまうからです


気づいたら使っている単語帳5冊
文法書3冊などの状況に
なっていませんか?




これを改善する方法は1つあります

早いうちに気づき、改善できれば
あなたはやってもやっても上がらない
蟻地獄から抜け出すことができます



その方法とは



一番使いやすい教材を選んでそれを

受験日当日まで完璧にやり抜く





という方法です




これを見てあなたは

「一冊だけだと知識に
漏れが出てしまうのでは?」

と思ったかもしれません
しかし、それで大丈夫なんです



なぜならどの参考書を見ても
書いてあることの根本は同じだからです

ただ言い回しが違っているだけです


だからどの教材を選んでも
学ぶべきところは同じであって
学べるところも同じなのです


まず今もっている参考書、単語帳の一つを
完璧にこなしてください


単語帳内であればどの単語を見ても
分からないものはない
問題集であれば解けない問題はない



そういう状態までやり抜くのです


あなたがその教材をやり切ることで
それが自信に結びつき、

受験日当日にはボロボロの参考書を見て

「これだけやったのだから
 解けない問題はない」

と自信を持って挑むことができます




だからまずあなたが一番良いと思う
単語帳、参考書、問題集を選びましょう

他のものは捨てる勢いでもいいです

絶対にわき目を
振らないようにしてください



今日からあなたはただの
"意識高い系受験生"
ではなく


本当の"賢く""頭の良い"受験生
になることができます




最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

この記事を書いたユーザー

元クラス最下位落ちこぼれ高校球児@Tom このユーザーの他の記事を見る

元落ちこぼれ高校球児@Tomです!(^^

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • ライフハック
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら