子の将来のため、学資保険選び

子は何かとお金がかかりますが、この選択肢を広げるために、教育費だけはしっかりためておきたいもの。

もちろん計画的に自分で貯金できれば構わないですが、私は、複数のメリットで学資保険を使い教育費をためてます。


毎月必ず引き落とされる学資保険は、自分を亜麻課さず貯金可能。長引く不況で、銀行利率は期待できず、その点学資保険は一番お金がかかる大学入学時の払戻額100%以上。

私は子が生まれ直ぐに学資保円を検討しましたが、各社いろいろ商品を出していて、メリットデメリットの比較が簡単ではなかったです。

そこでFPに相談。学資保険を検討していれば、子が小さいことも多いでしょうが、FPの相談窓口は店舗で相談するもの、自宅に来てくれるものがあり、ネットから申し込めば、無料で、FPが自宅に来てくれて、各社比較、学資保険お仕組みを説明。

子が小さいうちは、店舗に生き相談しようにも、子が動き回ってゆっくり話せません。

私は、1歳のとき加入し店舗に出向くのは大変でFPに自宅に来てもらい、子は慣れ親しんだ自分のおもちゃで遊んだり、好きなDVDを見せて、ゆっくり相談できました。

そして、無料相談を利用しましたが、強引な勧誘もなく、保険契約後各種サポートがあって、充実しており驚いてます。保険は無料・有料各種あります。

FPは色々なケースを想定した人生プランを作ってくれて、それを参考に、死亡保障のある貯蓄型保険を選び、万が一があれば、満期にならずともこが苦労しないでい教育を受けられる保険金が降ります。

こうした相談内容をもとにFPが進めてくれたのが、三井住友海上あいおい生命の学資保険。

払戻金が課税対象でないこと、会社自体信用が強いことが特徴。加入時子が1歳、私は27歳で、保険料はさほど高くないです。

今のとこ途中解約予定がなく、満期100%以上受け取れることを重視し、それまで元金割れになるプランに。

他者は元金割れにならない分保険料が高いデメリットがあり、自分のライフプランに合わせ、相談をしましょう。





私の無痛分娩体験

産まれるまでの期間の中で育て成長を感じ親となる準備ができます。


無痛分娩はその後の回復も早くて、これから頑張るときの体力を温存できます。


私は重度の悪阻で、入院後期、はりで動けなくて、家で妊娠期間を過ごしました。その為体力に自信がなく悪阻も結局出産まで続き、気力がなくなったことも。

出産時年齢は29歳。初産で、不安がありました。通院した病院は、無痛分娩は計画分娩で先日から入院し、まずその日便が出ないと浣腸。

子宮口の開き具合を見て、子供が十分降りてきましたが、子宮口の開きが少なく、バルーンを入れる処置をしました。


これが無痛分娩の中で一番いたい処置。夕方麻酔を入れるための管を腰に入れ、少し鈍い痛みはありましたが、寝るときも体勢を気をつければ眠れないこともないです。

夕食も普通に食べて就寝。ですが、赤ちゃんの心音を聞きに2時間度とに諮りに来ます。

朝食をたべ子宮口を柔らかくする薬を飲み、分娩室へ歩き移動。(当時すこし生理痛のような痛みがありました。)陣痛促進剤を点滴し、自分のタイミングで麻酔を入れてくれて、自己申告。

だいたい子宮口5センチまで我慢し、麻酔を入れるととても痛みが取れて下半身の感覚がなくなります。あとは全開になるのを待つのみ。余裕がありました。

全開になりかけたら、少し麻酔が切れ出して追加。赤ちゃんが出ようとする体勢をとっていて、おなかがとても波打ちました。

全開になっても、痛みはなくて、助産師の説明に合わせ気張りますが、どこまでしていいかわからず、でも出てくる感じはわかります。

3回気張り、出産。傷みなく出血も少量で済みました。塗ってもらってるとき麻酔が効いていて痛くなく、出産後2~3時間麻酔が効き、痛みはなかったです。

麻酔が切れればそれなりに痛み、分娩室から出た私がぐったりしないでテンションが上がり、主人にしゃべり続けていて、主人も驚いてました。

出産は子育ての始まりです。産んだ時から、世話が始まるので、体力温存でき、出血も少なく体の回復が早くメリットがありよかったです。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら