記事提供:NICOLY

身体に急にできるコブ、脂肪腫。実は、脂肪腫のできる原因は、いまだはっきりしていません。急激な体重増加や、脂肪のかたまりができやすい体質であること、ストレスなどが原因ではないかと言われていますが、脂肪腫は誰にでもできる可能性があるもの。そのため、過度に心配する必要はありません。

脂肪組織からなる良性腫瘍、脂肪腫。

良性とはいえ脂肪腫が急にできると、びっくりしてちょっと不安になってしまいます。

「何が原因なんだろう……」

「何かの病気なのかな……」

と、悩んでしまいがち。

でも実は、脂肪腫のできる原因ははっきりしていないんです。

だから脂肪腫は、誰にでもできる可能性があるもの。

ただし、「これが原因ではないか」といわれていることがいくつかあります。

脂肪腫はどんなことが原因できやすいのかを知っておくことで、過度な不安感を抑えることができるかも。

脂肪腫は遺伝する?

家族に脂肪腫ができた人がいたら、自分にももしかして脂肪腫ができてしまうのでは……と不安な人もいるのではないでしょうか。

でも脂肪腫と遺伝との関係は、はっきりわかっていません。

ただ、脂肪腫の約80%には、なんらかの染色体の異常が起きていることがわかっています。

染色体の異常により、皮膚の下で脂肪を増やそうと、細胞が反応することで、脂肪腫ができてしまうそう。

つまり脂肪腫ができやすい体質が遺伝する可能性はあるということ。

でも、遺伝したからといって発症するとはかぎらないので、あまり心配しないでOK。

ストレスが原因で脂肪腫はできる?

また、ストレスが脂肪腫のできる原因になる場合も。

肌荒れや円形脱毛症などと同じように、ストレスに対する身体の反応として、脂肪腫ができることがあります。

脂肪腫ができるできないに関わらず、ストレスを溜めないよう心がければ心身ともに健康でいられます。

肥満は脂肪腫の原因に?

体重が増加すると、脂肪腫ができてしまったり、小さかった脂肪腫が大きくなったりすることがあります。

脂肪腫は脂肪のかたまりなので、体重が増えると脂肪が蓄積されて、大きくなってしまうもの。

しかし、太っているから脂肪腫ができる、というわけでもないんです。

子どもが成長とともに大きくなったり、痩せている人が少し太ったり……。そんな自然な変化でも、脂肪腫が大きくなることがあるんだとか。

もしも小さな脂肪腫ができていたら、急激に太らないように気をつけてみて。それだけでも、脂肪腫が大きくなるのを防げるはずです。

悩みすぎは禁物!脂肪腫は誰にでもできるもの

「どうして脂肪腫ができてしまったんだろう」「またできるかもしれない」と悩みながら過ごすことは、とてもつらいもの。

でももしかしたら、そのストレスが新たな脂肪腫を生む原因になってしまうかもしれません。

大切なのは、深く考えすぎないこと。

脂肪腫は誰にでもできる可能性があるので、怖がる心配はありません。

むしろできてしまった原因よりも、どう対処するかが大切です。

正しい知識を得れば、脂肪腫に対する不安が少しずつ払拭されるのではないでしょうか。

written by NICOLY編集部

この記事を書いたユーザー

NICOLY:) [ニコリー] このユーザーの他の記事を見る

ダイエット、肌のトラブル、バストアップ、整形、妊活、脱毛、などなど・・、コンプレックスを解決するための治療法や体験談を毎日紹介。医師が監修しているから安心。コンプレックスで悩んでいる人を笑

得意ジャンル
  • ライフハック
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • コラム

権利侵害申告はこちら