最近では幼児からの英語教育、早い家庭では0歳からの英語教育をされているおうちもあるようです。英語に対して苦手意識の強い日本人としては将来ある子供には是非とも英語が話せるようになってほしい、という強い期待の表れなのでしょう。そんな幼児の英語教育のコツを紹介したいと思います。

幼児英語教育って必要?

日本で生まれ育つ子供達、いくら将来英語が話せるようにと思っても幼児からの英語教育は必要なのでしょうか?
子供から大人まで英会話を今までに100名以上教えてきましたが、その経験から言うと必要だ、とは言い切りませんが、幼児英語教育をすることのメリットはあります。


幼児英語教育、最大のメリットは
苦手意識がなくなる。
ということです。

なんでそもそも日本人は英語が苦手なの?

多くの日本人が英語に対する苦手意識をもっていて、その苦手意識が英会話の上達を阻止している場合を今までにたくさん見てきました。

なぜ苦手意識があるのか・・。
それはやはり私たちが受けてきた学校教育にあると思います。中学校から中間テスト、期末テストなど正解のある英語を教え込まれた私たち日本人には、英語を話す時にどうしても間違ってはいけない・・。という不安が頭にあります。

母国語である日本語を話す時に、文法を間違ってはいけない、時制に注意して話さなければ、などと考えることはありませんよね。そして母国語なのにしょっちゅう文法など間違ってしまうことはありませんか?

何語を話す時でも、間違えというのはあまり大きな問題ではなく、結局通じたのか、自分の伝えたいことが伝わったのか、ということが重要なのです。

ですので、間違えてはいけないという苦手意識で恥ずかしがったり不安になったりして話す機会を少なくしている。それが日本人が英語が話せない最大の理由となっていると思います。

その苦手意識を作らず、英語は楽しいものであることと知ることができるのが幼児英語教育です。

英語は楽しいもの・・だけど気をつけて!

幼児英語教育をする際に気をつけてほしいことをまとめました。

1) 絶対にカタカナ表記はしないで!!
時々親御さんが単語を覚えさせるためにカタカナ表記をしてしまうことがあります。これは幼児英語教育において逆効果になります。日本語のあいうえおと同様、英語のabcにもそれぞれ音があるということを覚えることを阻止してしまうのです。年齢が低い場合、アルファベットが読めるようになる必要はありませんが、単語を勉強する際にはなるべく綴りを見せながら発音練習をしましょう。


2) おうたは良いけれど呪文になってませんか?
幼児英語教育では歌を使うことがよくありますね。歌を歌うことで楽しい気分になって、英語って楽しいんだ!と感じることのできる良い方法ですが、呪文のようになってしまっていてはそれはもはや英語の勉強ではなく音楽の勉強です。
例えば大流行した『Let it go』レリゴーと発音しますよね。そう発音している分にはよいのですが、そのレリゴーという言葉に意味があるということを知らなければなりません。そのよい方法としては動きを一緒に覚えることです。『寒い』などの表現があれば凍えるような動きをしたり。

これは歌だけではなく数なども呪文になりがちです。
ワントゥースリーフォーファイブ。いつもいつも1から数えていませんか?数字を書いたカードを作ってシャッフルして練習するのもよい方法です。


3) できるだけ使える環境を。
英語は覚えるものではなく、使うものです。おうちで『よく覚えたね〜』と褒めるだけではなく誰かにその英語を使って伝わったという感覚を与えることがその後、もっと勉強したいという意欲につながるとても重要なものになります。
だからといって外国へ連れて行くことや、外国人のお友達を作るのは大変ですよね。
そんな時に手軽に利用できるのがオンライン英会話です。幼児英語教育に対応している講師はたくさんいて、バイリンガル日本人講師もいるので親が始めにレッスンの希望を伝えて行うことも可能です。

楽しさを伝えましょう

幼児英語教育は何よりもまず楽しさや喜び。押し付けにならないように大人がフォローしながら、子供達の明るい未来を広げていけるとよいですね。

この記事を書いたユーザー

molen このユーザーの他の記事を見る

海外在住歴14年。2012年に西ヨーロッパへ移住。英語教育、運動教育について研究・指導を行っています。

権利侵害申告はこちら