出典記者撮影

東京都内で報道関係者向けに開催された「ドメーヌ・ローラン・ド・ビィ」試飲会を取材しましたのでその模様をレポートします。

出典記者撮影

株式会社ベルーナが展開するワイン通販「マイワインクラブ」では、世界各国から厳選した約3,000銘柄にもおよぶワインを取り揃えて、独占輸入する「ドメーヌ・ローラン・ド・ビィ」は、フランス・ボルドーのメドック地区にある生産者が造るブランドだそうです。
2006年に行われたブラインド・テイスティングによって、「シャトー・マルゴー」や「シャトー・オー・ブリオン」といったボルドー5大シャトーを凌ぐ評価を受けたワインです。

出典記者撮影

会場となった「銀座のステーキ」は、『世界に誇る⽇本の和⽜をリミットプライスという新しい⽂化とともに』をコンセプトに、最⾼級のA5 ランクの⿊⽑和⽜のステーキを “リミットプライス(定額メニュー)”で提供する、従来の⾼級鉄板焼き業態のイメージを覆すレストランです。定額で、“好きなだけ、⾷べたいだけ”最⾼位の和⽜を⾷べられる⾷べ放題メニューを提供しています。また、ベルーナが展開するワイン国内通販売上⾼No.1の「マイワインクラブ」で取り扱う約45種類のワインをお⼿頃な価格で楽しんでいただけます。

例えば9800円のコースであってもA5クラスの和牛を食べ放題だそうです。

出典記者撮影

ちょっと試飲するだけなのかと思っていたのですが、
①シャトー・ローラン・ド・ビィ ’11ヴィンテージ
 ②シャトー・ローラン・ド・ビィ ’07ヴィンテージ
 ③ シャトー・トゥール・セラン ’10ヴィンテージ
 ④ シャトー・トゥール・セラン ’09ヴィンテージ
 ⑤ シャトー・オー・コンディサス ’10ヴィンテージ
 ⑥ シャトー・オー・コンディサス ’09ヴィンテージ
と、ちょっと飲みすぎた感のある試飲でした。

実際の感想としては、記者はワインの良し悪しはわかりませんので、単純に口に合うか合わないかだけの判断ですが、全体的に渋みとアルコールの風味が強いパンチのある味わいであると思いました。
どちらかというとライトミールよりも、がっつり食べる肉系の料理に最適だと感じました。
全体的な値段は3500円から8000円程度と、ブランドワインにしては手ごろな値段なので、ワインの好きな方には意外と普段飲みでも構わない値段であると思います。
高いものだけがいいとは思いませんが、手ごろな値段でお気に入りがあれば掘り出し物と言えるのではないでしょうか。

取材記者 古川智規(フリーランスライター)
写真はすべて記者撮影

この記事を書いたユーザー

古川智規 このユーザーの他の記事を見る

フリーランスライターとして雑誌やWEB媒体に執筆しています。特にジャンルはなく、なんでも書くことを心情としています。

得意ジャンル
  • マネー
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • 広告
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら