イケモ様

長いけど昔ばあちゃんの家に預けられてた時後ろの大きな山にイモケ様って神様を祭る祠があった。ばあちゃんの家の周りには遊ぶ所も無く行く所も無かったからその祠の近くにある池でよくじいちゃんと釣りをしていたある日じいちゃんとばあちゃんが町に買い物に行くので俺一人で留守番する事になったんだけど(軽トラなので)する事が無かったので一人釣りに行く事にした。実はその池に行くのには凄く遠回りをするが2人ともいなかったので抜け道をする事にした。その抜け道はちょうど、となりのトトロでメイが潜っていった様な所で人一人抜けられる場所だでもじいちゃんもばあちゃんも絶対通ってはいけないと言ってた(理由は教えてくれなかった)入り口を囲む様に石が並べてあったが子供な俺はそんなのお構いなく入っていった今思うと完璧に人工的な並びだったそうして歩くこと20分池に着いた。1時間程釣りをしていて何気なく遠くの方を見たらチラッと人影が見え声が聞こえた「あきよへほ あきよへほ」みたいな感じに普段誰も来ない場所なので少し気になり見に行くことにしたが誰もいなかった。まぁ気のせいだと思い釣りを始めようと思っていたらじいちゃんの軽トラが走ってきた俺はじいちゃんが迎えに来てくれたと思い釣り道具を片付けていたら物凄い勢いででじいちゃんが車で近づいてきた問答無用で車に押し込められ釣竿もお気に入りだった水筒もその場に置きっぱなしになってしまった。何か白い布を被され絶対出てくるなと言われ、家に帰るまでじいちゃんはずっと何かを唱えていた家に着くと俺を包んでいた白い布をじいちゃんが被り新しい布をばあちゃんがかけてくれたふと見ると近所の人たちが集まっていて家は白い布で覆われていたあれほどの大きな布をどうやって調達したのか、今思うにこの時の為に用意してあったのだと思う。 そしてばあちゃんにお風呂に入れられ少し大きな部屋に連れて行かれた。しらないお爺さんがいて何処を通っていったのかどのくらいの時間かかったのか色々聞かれたその後イモケ様の事について聞いたイモケ様は池を守る神様だけど幼いので一人では寂しいのからと昔は子供を生贄に捧げていたらしい。その子供が抜け道を通りイモケ様の所へ行っていたらしい。しかし生贄とかの時代が終わり寂しくなったイモケ様は里に下りてきて子供を連れて行くようになり連れてきた子供が逃げないように足の筋を切りずっと自分の側にいさせていたらしいそれでイケモ様が外に出ないように石を並べて道を閉じたと言う話だった。最初は冗談と思って聞いていたが自分の足を見た瞬間凍りついた。右足のスネの後ろが切れていて血が出ていたからでも痛くはなかったいきなりお爺さんが叫んで白い布を被った人が俺を囲みばあちゃんが傷を小さい札?見たいなもので止血してくれたこのままでは危ないと言う事で急遽俺は家に帰されることにまたしても布を被されじいちゃんの車に乗せられたイケモ様は白いものが見えないらしく布を被れと言う事だった。(にも係わらず家の中で足を切ったのは完全に家を覆いきれて無かったかららしい)布を被る前にみたじいちゃんの軽トラは黒い部分はわら半紙で隠され荷台には大量のお菓子が乗せられていた。すごくかっこ悪かった。そして何事も無く走る車俺はもっと何か起きると思っていたので拍子抜けしてしまったずっと布を被っていたのでつい窓を開けてしまったら外から「きよへ」と声が聞こえたがじいちゃんは普通に運転していたので気のせいだと思ったが耳元で「きよへ」の声がはっきりと聞こえたここで意識が無くなった目が覚めるとばあちゃんの家だったばあちゃんに話したら全て夢だと言われた。水筒も無くなってるし釣り道具も無かったこの話をしても誰も信じてくれないが右足に本当に傷が残ってて何年経っても最近出来た傷のように見える。本当の話だけど何か知ってる人いないですかね?

俺が大学生三年の時の話だちょうどテスト前だったから七月だな当時俺は築二十年くらいのワンルームマンションに下宿してた部屋は最上階である四階の一番奥だったその日、俺は友達の家でテスト勉強という名のノートの見せ合いをしていたそれが終わって自宅に帰って来た時は、途中でコンビニに寄ったこともあり、午前二時を過ぎてた俺のマンションにはエレベーターのような便利なものはなかったのでいつも通り階段で四階までのぼろうとすると、階段の近くで二匹の猫が暴れていたウニャー!!ゴロウニャー!!って威嚇の声をあげていたんだでも俺が近づくと、二匹はちょっとこっちを見てから、ササッとどこかに逃げて行ってしまったあー猫の喧嘩かーとか思ったわけだが、ふと見るとさっきまで猫がいた場所に何やら動く黒い塊があったよく見るとそれは傷付いたカラスだった片翼の骨が折れ、足も怪我していて、移動しようにも上手く動けず、じたばたしていたさっきの猫はこのカラスを襲っていたようだ俺がここから移動してしまったら、またあの猫が戻って来てこいつは殺されてしまう・・・カラスが可哀想になった俺は、カラスを一時俺の家に避難させることにした動物病院も一瞬頭をよぎったが、時間が時間だったのでやめた暴れるカラスを傷つけないようにそーっと自宅に運び、ベランダに放したここなら四階だし、猫も来ないだろう俺は安心して、明日のテストのためにも寝ることにした次の日の朝、俺が起きてベランダを見ると、カラスは少し元気になったのか、足を引きづりながら多少動き回っていた俺は昨晩コンビニで買った惣菜の残りと水を与えてみたが、全く食べない知っている人も多いと思うが、カラスってのは警戒心が異常に高い生き物で人間の捨てたものは食い漁るくせに、人間が与えたものは絶対食べないのだそうしている間に時間もおしてきたので、俺はテストを受けに大学へ向かったテストは一夜漬けにしてはよくできた友達と明日のテストのために、今日も勉強しようという約束を取り付けて家に帰った帰ってまずベランダを見ると、カラスは死んでいた・・ベランダから脱出しようと暴れすぎたようだ骨の折れた翼を不揃いに広げて倒れていた・・あーなんか悪い事したなーって思った本当なら俺は、ここでカラスを死に追いやったことを悔やみ、死体をどこかに埋めて、拝んで感傷に浸る流れになるはずだったでも次の瞬間、そんなことは俺の頭から吹き飛んだ俺は何やら違和感を感じて、ベランダの向こう側の風景に目をやったそこにはマンションのベランダと並行になるように設置された電線がある距離は十メートルくらい離れているが、ベランダから外を見るとまずそれが目に入る俺の家のベランダから見て真正面に当たる電線、電柱と電柱の間にあるその区間だけが・・真っ黒になっていたん?何だ?と思ったが、正体はすぐにわかったそれはカラスの大群だったおびただしい数のカラスが電線のその区間だけに集中的に集まっていたのだしかも俺がそっちを向いた途端、そのカラスたちが一斉に鳴き出したのだガァーガァーとやかましいそれは、正に騒音公害!俺は急いでベランダの窓を閉めためちゃめちゃビビったが、ベランダには最上階特権でハト避けネットが設置されているから大丈夫と、思い直したしかし、近隣住民の皆様も凄まじい騒音にどうしたどうしたと外に出てきてしまったテンパった俺は、すぐに家から逃げ出してしまった今考えると逃げる必要なかったんだけどな

外に出たはいいが行くところがないとりあえず明日のテストのノートを友達にコピーさせてもらおうと思って、携帯で友達をコンビニに呼び出したでも遠くに呼び出すのは悪いので、友達の家に近いコンビニに呼び出したそのせいで、コンビニには俺よりも友達の方が先に着いていたコンビニのガラス越しに立ち読みする友達の姿を確認し、俺は自転車を端の方にとめたその時、俺の後頭部に強烈な衝撃が走った誰かに後ろから鉄パイプで殴られたような感覚だった危うく意識がとびかけたが、なんとか持ちこたえた痛ったっ!!って言いながら頭に手をやると、血がベットリ付いてる俺の足元にはへこんだなっちゃんの缶、中身入りどうやらこのなっちゃんが俺の頭に当たったらしい俺に気付いた友達がコンビニから出てきて驚いてた友達は半信半疑だったが、俺には確信があった犯人はカラスだったコンビニの屋根にとまっていた二羽のうちのどちらかが、上からなっちゃんを落としたんだそれから友達の車で病院に連れて行ってもらった傷はそれほど大したことはなく、頭がい骨陥没とかもなくてほっとした友達に、家まで車で送るから今日の勉強会は来ずに大人しくしてろって言われた俺は家にはあまり戻りたくなかったけど、友達には色々世話になったので従うことにしたちなみにノートのコピーだけはちゃんと貰った俺のマンションの前に到着し、友達の車を見送ってから、俺はあの電線を見たまだ二・三羽残っていたが、群れはすっかり解散していた俺はほっとして入口に回った俺がマンションに入ろうとしたその時、上から白い何かが降って来たそれは、俺の鼻先をかすめるようにして、地面に衝突したカーーンという何かが割れるような音が周りに響いたそしてカァーカァーという聞き覚えのある声が・・・はっとして見上げると、三羽のカラスが俺の頭上を飛んでいくところだった全身の毛穴が開いていくのを感じた落ちてきたのは白いビニール袋だったその袋が破れんばかりに中に詰められた拳大の石を見て、俺は空いた口が塞がらなかったもしこれが頭に当たってたら・・・殺る気マンマンじゃねーか・・・・恐怖を感じた俺は急いで家に帰り、例のカラスの死体を持ってまた家を出たそして近くの公園に手で穴を掘り、そこにカラスを埋めて簡単なお墓を作ったそれから手を合わせて、ごめんなさいごめんなさいごめんなさいって声に出して言った周りで見ているであろうカラスたちに聞こえるように・・その行為がよかったのかどうかはわからないが、それからはカラスに狙われたりはしていない文章にしてみるとあんまり怖くもないけど、当時は本当に死ぬかと思った・・長文駄文すみませんでした。以上です。

部屋の隅の少女

大学時代の友人にやたら金運のいいやつが居た。もともと地方の資産家の家の出身だったのだが、お金に好かれる人間というのはこういう人のことを言うのかと思った。宝くじやギャンブルは大抵当たるし、学生ながらに株をやっていてかなり儲けていて、とにかく使うそばからお金が入ってくるという感じだった。とはいえ本人はいたって真面目な人間で、そういったお金の稼ぎ方に頼らずに、地道にアルバイトも頑張るやつだった。その友人から先日、婚約者がまた亡くなったと連絡があった。「また」という言葉どおり、彼の婚約者が亡くなるのはこれで三度目だった。大学卒業後、地元に帰り家業を継いだ彼は、事業面ではめざましい活躍を見せていたが、女性との縁には恵まれていなかった。名家と言える彼の家には縁談はそれなりにくるのだが、話がまとまるとこうして相手が死んでしまうのだ。「三度目となると、うちに入ろうと言ってくれる女性はもういなくなってしまうだろうな」電話の向こうで彼は、声に悲しみの色を滲ませてはいたが、それほど落ち込んではいないようだった。私は学生時代酒を飲みながら聞いた彼の話を思い出していた。その話は彼の子供の頃の話だった。小学校に上がる前の年、家の中で一人遊んでいた彼は、部屋の隅に見知らぬ少女が立っているのに気がついたのだという。お客様の子かなと幼心に彼は思い、一緒に遊ぼうと誘ってみたところ、少女はこくりと頷いてくれた。その日一日、彼はその女の子と楽しく遊んで過ごしたが、日が沈むと少女が、「あたしをあんたのお嫁さんにしてくれる?」と問いかけてきた。「お嫁さん?」「うん。あたしのこと嫌い? あたしはあんたのこと好き」「僕も好きだよ」「じゃあお嫁さんにして。そうしたら、あたしあんたに一生苦労させないから」そんな会話だったらしい。彼自身うろ覚えだと言っていた。少女は嬉しそうに笑って、部屋の外に走り出て行ってしまった。その夜家族にその話をすると、誰もお客など来ていないということだった。そして次の日から、彼の家の事業は業績がうなぎのぼりとなり、彼自身にも金運がつくようになったのだという。「俺の嫁さんは、あの時から決まっていたんだよな。別の人と結婚しようとしたら怒るのは当たり前ってことか…」嫉妬深い座敷わらしみたいなものなのかなと言うと、どうやら彼のお嫁さんは風俗に行くくらいなら許してくれるようで、そこは救いだと笑っていた。家の跡継ぎについては、妹夫婦に期待するということである。

この記事を書いたユーザー

青空マン このユーザーの他の記事を見る

青空マンです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら