ばあちゃんが話したくない怖い話

絶対にばあちゃんが教えてくれなかった怖い話。俺は怖い話が好きでよく「ばあちゃん怖い話して」って子供の頃しょっちゅう言ってた。ばあちゃんはまた話し上手でたくさん怖い話をしてくれた。ある時俺が「ばあちゃんが知ってる中で一番怖い話を教えて」って言ったら「それはだめだ」って言われた。俺は、ははあ怖がらせようとしてるんだな、と思ってねだったら「話したくない事だってあるんだよ!」と怒鳴られた。ばあちゃんが怒鳴ることなんてあんまりないから俺ちょっとびびってそのままになってたんだ。でついこの間ばあちゃんがふと「怖い話、してやろうか」ってぼそっと言うんだよ。俺のばあちゃん、昔、某ホテルの支配人だったんだ。あんまり名前は出したくないが、火災、で有名なとこな。火災前夜に夜のシフトがはいってて、ばあちゃんと3人の男の人がフロントで話してたらキィってドアが開く音を聞いたんだって。でもそれは音だけでドアも開いてなければ人もいない。しょうがないから3人が見回りにいってばあちゃん1人がフロントに残されたんだ。ばあちゃんは怖がる様なタチじゃないし、霊感とかそういうのも無いけど勘が恐ろしく優れてる。ばあちゃんはなんとなく違和感を感じていたそうだ。しばらくフロントで仕事をしているとある事に気がついた。そのホテルのロビーにはソファがおいてあるのだが、ばあちゃんを背にするようにソファに腰掛けている女性がいたんだ。子供のように背の低い女性だった。少し頭がちょこりと見えるぐらいの背だったらしい。女性の髪形について書くのは難しいのだが、ロングヘアーでサイドに2つ持ち上げたみたいな感じ。ただ髪の毛には白髪が混じっており、首元は皮がたるんでいるような感じで子供の様な老人のような女性だったと言っていた。その女性が振り向くんじゃないかと思って怖くて声をかけられなかったって言うんだ。黙ってどこを見ているのか。そんな事を考えたら怖くて逃げ出したくなった。しょうがなくばあちゃんは仕事を続けていた。「足らないの、これじゃあ足らないの、足らないの」女性はしわがれた声でぼそぼそとそんな事をつぶやきながら何か書いているように見えた。そこにあの3人が何事も無かったと帰ってきた。ばあちゃんは胸をなでおろし、あの奇妙な女性の事を告げようとした。「ねえ、あの人変じゃない?…あっ!」女性は本当に忽然と姿を消していた。ばあちゃんが「おかしいわね」と言いながらソファを見るとそこには小さな紙切れがおいてあったそうだ。紙切れに書いてあるのはいくつもの数字とぐるぐると赤鉛筆で囲まれた丸。まったくでたらめな数字の羅列に思えた。その後の事だ。ホテルで火災が発生した。ばあちゃんはここをあんまり語ろうとしない。宿泊者が火災に気付いた時は既に避難が困難を極める状態であったというから相当火の回りが速かったんだろう。ばあちゃんは正義感で消防団員に止められながらも宿泊客の救助をしようと燃え盛る建物に無理やり入っていったらしい。燃える建物、ガスや熱さで窓から飛び降りてしまう人達、木に刺さった死体を見てばあちゃんはこの事件について語ろうとしないのだと思っていた。でもばあちゃんがこの事件について語ろうとしないのはそれだけじゃなかった。ばあちゃんは燃え盛る建物を前に何も出来なかったことを悔やみ、火災事件死者のお葬式に参列した。ある時ばあちゃんはあの紙切れの事を思い出した。あれは、一体なんだったんろう。ばあちゃんは並んだ数字を囲む円を見てはっと気がついた。それぞれ囲まれた数字が死者を出した部屋の番号である事。921, 910, 822, 922, 923, 845といった具合にだ。実は俺その紙切れ見せてもらったんだ。ほんとうに普通の紙なんだが、ぞっとしたよ。異様なまでにぐるぐると赤鉛筆で囲んだ円とか。ばあちゃんはその紙をぱっと化粧台の下に入れた。俺もそれ以上は詮索しないが、ばあちゃんにはまだ何かあるんじゃないかと思うんだ。

夢か現実か

流れ見ずに投稿するわ無駄に長いし夢の話であんまし怖くないけど許せ去年の丁度この時期辺りに夢を見た。それは友達と一緒に心霊スポット巡りをしている夢だった。多分いろいろ回ったんだと思うが、そこはあまり覚えてない。まぁなんやかんやで「なんかグダグダだし、次最後にしよう。」的な話になって俺ら二人は山奥にある滝に向かったんだ。またなんやかんやで滝に着いた。そこは滝の水が打ち付けているところの下に、人が一人乗れるくらいの岩があったんだ。よくアニメとかである滝の水に打たれる修行で、登場人物が座っているような感じの岩だった(わかりにくくてすまん)その場所には夢ながらにかなりゾクゾクしたのを覚えてる。でも友人はそんな感じもなく、むしろスポット巡り中にあまりに何もないものだから退屈していたようだった。滝を見てる俺の後ろで、どこかそっぽ向いてたしね。そんな友人を見て俺は、嘘を言って驚かしてやろうと思った。俺は振り返り「おい!あの滝の岩に白装束の女が立ってるぞ!」って言ったんだ。友人は俺と滝の方に振り向いた瞬間、もうダッシュで走り去っていった。なんだ?と思って俺も滝の方に振り返ったんだ。そしたら、俺の目の前に白装束の女が立っていた。その女と目が合った瞬間になんか意識が遠くなっていって、俺はそこで目が覚めた。携帯で時間を確認したら5時40分。6時半起きの俺はまだ寝れるなーって思い二度寝の体制に入った時、ふと、ドアが開いた音がしてドアの方を見た。白装束の女が入ってきた。その手にはナイフが握られていて、1分ほどの沈黙の後に女は俺に近づき、俺の右腕にナイフを突き刺した。と同時に俺は今度こそ本当に夢から覚めた。二段階の夢だったんだ。でも異様に右手が痛かった。あっ、女!と思いドアの方を見たが、半開きのドアの前に今度は誰もいなかった。でも俺はそれでもビビった。ドアの上の時計は5時41分を指していたんだ。怖くなくてごめん。でも俺には相当怖かったんだ。

浮かぶ2つの鳥居

流れぶった切って、俺が体験した話であまり怖くないかもしれないが、ちょっと前の仕事が休みだった日、原付でうちの裏山を走ってたんだよ。そしたら空にぽっかりと、赤い鳥居が2つ並んだ状態で浮いてるんだよ。赤い鳥居が浮いてるっていうより、宙にぼやけてるって感じかな。道なりにその鳥居があったから、走り抜けたんだよね。だからちょうどくぐった感じ。2つとも。家に帰って、その日は普通に過ごした。問題は次の日からで、高熱が出て、薬を飲んでも病院に行っても熱がさがらないんだよ。母親に「何か最近変わったことはなかったか」と聞かれて、息も絶え絶えで鳥居の事を話したんだよ。そしたらうちの母親が血相を変えて、「Aさんに連絡しないと!!!!」って電話してた。Aさんってのはユタ(うちの地方じゃ呪い師みたいなもの)だ。ほどなくしてAさんがやってきて、俺をみるなり「あぁ、これは相当やられてるね・・・」って言って来たんだよ。何にやられてるのか、何をやられてるのか、全く聞けなかった。身体が動かなくて、声も出なかったんだよ。それなのに家の仏壇の前に寝かされて、Aさんがもってきた酒やら米やらを仏壇に並べ始めた。「鳥居を2つくぐったんだね?」と聞いてきたから、かすかに頷いた。「あんたの先祖に守ってもらうように今から頼むけど、それが出来なかったら、あんたは悪いけど、ここで命が切れてしまうよ」と、物騒な事を言うんだよ。Aさんはなにやら呪文みたいな言葉を唱え始めた。俺が聞き取れたのは、「マジムン」「グソー」「ニライ」の3つだけで、呪文みたいなものが書かれた紙で体を叩かれておしまい。Aさんが、「どうにか切り抜けた。あんたよかったね、毎年墓参りにちゃんと行ってて」て言ってきた。俺、何となくなんだけど、墓参りだけは親と一緒に行くのを欠かさなかったんだよ。それが幸いしてたらしい。で、Aさんが「次に鳥居を見たらすぐに離れること。絶対くぐってはいけないこと」と言い残して去って行った。次の日、嘘みたいに熱が下がっていた。母親にどういう事か聞いてみたら、「世の中知らない方がいい事もある」と、最初取り合ってくれなかったが、しつこく聞いてみたら、・俺の家系に関係している・鳥居をくぐったら8割の確率で死ぬ・鳥居の数はその人が生きた年数に応じて違う・雨の日は鳥居は出ないとしか教えてくれなかった。これが今まで平和に暮らしてきた、俺の唯一の洒落にならなかった話。読んでくれてどうもありがとう。

この記事を書いたユーザー

青空マン このユーザーの他の記事を見る

青空マンです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら