大相撲で力士が塩をまいていますが、なぜ塩をまくのでしょうか。

塩をまく理由

土俵の邪気を払い清めて、力士が怪我しないように神に祈ります。土俵を「神聖な場所」にする儀式です。「清めの塩」「力塩」「波の花」とも言います。傷の殺菌効果もあります。

出典 http://ozumou.com

「清めの塩」だけでなく、殺菌する役目もあったんですね。

塩の量

1日45kg、一場所(15日間)で約650kg以上用意されるとの事。

出典 http://www.shio-navi.com

一場所で多くの塩が使用されているんです。

塩をまけるのは

現在は、塩が撒けるのは十両以上です。時間的余裕があるときは、幕下上位の力士も撒くことがあります。

出典 http://ozumou.com

塩をまけるのは十両以上の取り組みだったんですね。

力士の塩まきにも注目!

出典 YouTube

出典 YouTube

力士によってさまざまなな塩のまき方があり、塩まきでもファンを沸かせているのです。

この記事を書いたユーザー

Koo このユーザーの他の記事を見る

フリーのライターとしてさまざまなWebメディアの記事の執筆活動を行なっています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ
  • ファッション
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス