寒い季節に大活躍のストーブ。ストーブでは灯油を使いますが、ストーブの使い方によっては灯油の消費を大きくしてしまいます。灯油の消費を抑えるにはどうしたらよいのでしょうか。

室温を上げすぎない

室温は2度下げるだけで年間約23,200円の節約ができます。

出典 http://okanedai.com

室温を上げすぎるとその分、使用する灯油が増えます。室温を下げることで、灯油の消費を抑えることができます。

熱を逃がさない

窓を開けっ放しがちなバスや洗面所、トイレなども、必要な所以外は閉めておくことで家全体が暖まりやすくなります。

出典 http://okanedai.com

閉めないとストーブの熱が逃げてしまい、長時間ストーブを使用し、灯油の消費が多くなってしまいます。しっかり窓を閉めて熱を逃がさないようにすることが大事です。しかし、換気をしないと一酸化中毒になる恐れがあるので、1時間に1回は窓を開けて換気することも大事です。

断熱シートを使用する

窓に断熱シートを貼ると、窓から入ってくる冷気を抑える効果と部屋の暖かい空気を逃がさない効果の2つの保温効果があります。

出典 http://saving-money.xyz

窓を閉めても窓からの冷たい空気が部屋に残ります。断熱シートを貼ることで、窓からの冷たい空気を抑えることができます。冷たい空気を抑えることができるので、室温が上がり、ストーブの温度を低く設定し、灯油の消費量を抑えることができます。

ストーブの灯油の節約方法について紹介しました。ストーブの灯油はとても簡単な方法で節約することができるのです。

この記事を書いたユーザー

Koo このユーザーの他の記事を見る

フリーのライターとしてさまざまなWebメディアの記事の執筆活動を行なっています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ
  • ファッション
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス