Licensed by gettyimages ®

なんで砂糖や塩って塊になるんでしょう?
使いたいときに使えない!そんなとき多いのではないでしょうか?

今回は、すぐに元通りになるテクニックをご紹介します!

原因

固まるのは湿度の変化です。
気象の変化やキッチンの湿度の変化に大きく左右されます。

塩は空気中の水分を吸湿する性質を持っていて、塩の表面は湿って溶けていきます。そのような状態から、空気中の湿度が下がると今度は逆に、塩の表面から水分が蒸発して、塩の表面は乾燥されて結晶が成長します。
このように湿度の変化で塩の表面が湿気て溶けたり乾燥して結晶が成長する工程を何回も繰り返すと小さな塩の結晶同士はくっついていってどんどんと大きくなっていきます。

出典 http://setsyuyaku-master.info

湿度が原因だったんですね。

サラサラにするには?

お米をつかいます。

Licensed by gettyimages ®

米を入れると、水分を吸収してサラサラ元通り!

レストランなどで、煎り米が塩と一緒に入っているのを見たことがありますか?
米の成分のデンプンを加熱したものは、水を吸収する性質があります。
ご飯を炊くときにも手首くらいまで水を入れて炊きますが、全部米が吸ってやわらかい白米になります。
せんべいとかが湿気るのもそのためです。
ちなみに生米には吸湿性はありません。
ですので煎り米を塩の中へ入れておくと固くなるのを防止できます。

出典 http://setsyuyaku-master.info

お困りの方はぜひお試しを!

この記事を書いたユーザー

マイコプラズマ肺炎 このユーザーの他の記事を見る

いくら、ウニ、牡蠣、明太子などのプリン体が大好きな生き物。ラーメンも大好きでよく食べに言っています。ニュースサイトに取り上げられているグルメ記事・情報を見るとすぐクリックしてしまうような食欲に生活を支配されている生き物でもあります。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • グルメ
  • 料理
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら