雪の影響で公共交通機関にも影響がでていますね。
雪道では、いつもと同じ歩き方をしていると、転倒する危険があります。
雪道を歩くコツを覚えてケガのないようにしましょう。

1:小さな歩幅で歩く

歩幅が大きいと足を高く上げなければなりません。そうすると当然、重心移動(体の揺れ)が大きくなり、転倒しやすくなります。
滑りやすいところでは、基本的に小さな歩幅であるきましょう。
細い道を歩くときには、自然に両足の左右の幅が狭くなりますが、左右の幅については適度に離れているほうが良いでしょう(20センチ前後)。

出典 http://tsurutsuru.jp

いつもより歩幅を狭く歩くことで重心移動が小さくなり、転倒防止に繋がります!

2:靴の裏全体をつけて歩く


雪みちを歩くときは、重心を前におき、できるだけ足の裏全体を路面につける気持ちで歩きましょう。道路の表面が氷状の「つるつる路面」では(1)小さな歩幅で、(2)足の裏全体をつけて歩く「すり足」のような歩き方が有効です。ただし「すり足」といっても、完全に地面を擦りながら歩いているとつまづきの原因にもなるので、軽く足を浮かせて歩きましょう。道路の表面に雪の残っているところでは、「すり足」では歩きづらいこともあります。その場合は、足裏の平らにして、(2)足の裏全体を路面につけ、(1)小さな歩幅でそろそろと歩きましょう。

出典 http://tsurutsuru.jp

つるつる路面は小さな歩幅で。足の裏全体をつけて歩く『すり足』が効果的。
雪が残っているところは、足の裏全体を路面につけ、小さな歩幅で歩くのがいいんですね。
凍結している道と雪が残っている道の歩き方は異なります!注意してくださいね!

3:急がず焦らず余裕をもって歩く

いくら歩き方を理解したつもりでも、急いでいる時は忘れがちになります。ケガをしないで楽しい冬を過ごすためには、冬は夏より移動に時間がかかることは仕方がないと思って「余裕をもって」行動し、「急がず、焦らず」に歩くことが大事です。
「余裕をもって歩く」ことで、しっかりと「滑りそうな道」を見分けながら歩くことができます。しっかり滑りそうな道を見分けることも、転倒しないためには非常に重要です。
また急いでいなくても、携帯電話で話しに夢中になっているときなど、路面に対する注意力が薄れたときは転倒しやすくなります。注意しましょう。

出典 http://tsurutsuru.jp

公共交通機関が乱れたりするとどうしても急いでしまいますよね。いつもより『余裕を持って』行動しましょう。

4:歩き始めと、歩く速さを変える時は要注意!

横断歩道などで止まっている状態から歩き始める時や、歩いている途中で急ぎ足になったり、急に速度を遅くするなど、歩く速さを変える場合には転びやすいので注意が必要です。

出典 http://tsurutsuru.jp

普段は意識しない行為かもしれませんが、雪が降った時は歩き始め、急ぎ足の時が注意です!

慣れない雪道は、誰もが不慣れ。
周りの人との距離をとって歩くことも大切です。

えっ!?えっ!?

この記事を書いたユーザー

なーみ このユーザーの他の記事を見る

一児の母(女の子)です。美容や健康 子育ての記事を取り上げていけたらと思います!

得意ジャンル
  • 話題
  • ライフハック
  • 育児
  • 料理
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら