今さら言う間でもないことだが、我々日本人はアルファベットとは違う独自の文字を持つ民族である。

筆者が適当に書いた買い物メモが "Oh!! Cool!!" と英国人に褒めそやされるのは確かに見ていて楽しいのだが、使う文字がアルファベットで無いが故の面倒というのは、やはり欧州暮らしの中で避けて通れないことが多い。

さて、大体世界で漠然と共通の国際普通郵便(ハガキ・手紙等)のルールとして

『差出国と受取国の名前は(基本的に)英語で記入する』
『どの国宛でもアルファベットでの住所の記入は許される』
『差出国と受取国の文字が違う場合、後者が優先される』

というのがあると思う。

要するに日本からロシアに送る場合はキリル文字で書いてもアルファベットで書いても構わないし、逆にロシアから日本へ送る場合は漢字とアルファベットは許されるがキリル文字で書いてはいけない。

考えてみれば当たり前だが、実際にその小包なり手紙なりを仕分けし配達するのは現地のポストマンな訳で、彼らが住所を読めなければ話にならないのである。


そしてこれが全く通用しないのが、イギリスのド田舎。

上記のルールに則ると、英語でJAPAN宛だと書いておきさえすれば、我々には住所を日本語で記入する自由がある。実際欧州各国から過去に送った手紙は、日本語で住所を書いて普通に届いていた。

が、ある日郵便局から手紙を出そうとした時のこと。

手紙を一瞥した郵便局員の女性から、ため息と共に「こんな訳の分からない言語で書かれても読めないでしょ。英語で書きなおして来て。」と言われた。

いやいや、ここにちゃんとJAPANって書いてありますので。あなたにも読める英語で。」と言い返すも「イギリスから送る郵便物は全部英語で記入しなきゃいけない決まりなのよ」と何故か窘められる筆者。

イギリス着はともかく、イギリス発の郵便物も全て英語で記入しろとは、流石イギリス、強気な要求である。

仕方がないのでその場でペンを借り、日本語の住所の下にさらにローマ字の住所を付け足した筆者。

これで文句あるまいと思っていたのだが、今度は先ほどの郵便局員がおもむろに太いサインペンを取り出し、日本語の住所を全てそれで塗りつぶした。

呆気にとられる筆者の前で飄々と「こっちのは紛らわしいから消しておきましたよ。今度から気を付けて下さいね。」という局員。

「いや、それじゃ日本側の配達員が困るじゃないですか。」と反論すると「アルファベットが読めないってこと?そんな人いるの?それに、それはあなたの国の問題であって、うちとは関係ありません。変な文字が書いてあると読みづらいでしょ。」と言う。

しかしそれなら「変な文字が書いてあると読みづらい」という言い分自体が、そもそもイギリス側の問題ではないのか。

国際普通郵便の場合、イギリス側が関与するのは「その手紙がどの国宛か」という一点のみ。日本にさえ送り届ければ、後はその手紙が離島宛てだろうが富士の樹海宛てだろうが彼らにとっては知ったこっちゃない訳で、その住所が英語だろうが日本語だろうがなんらイギリス側には関係ない。

それを単に「読みづらいからやめて」というのはちょっとワガママ過ぎやしないか、と筆者としては声高に主張したいところである。

ちなみにこの時、実は一枚だけ台湾行のカードがあったのだが、その住所だけはかなり強引に漢字で押し通した。なんせ筆者に台湾の住所がローマ字で書けるはずがない。

郵便局員には「間違いなく住所不特定扱いで手元に戻って来ると思いますけどね。」と嫌味を言われたのだが、なんと数日後にはあっさり台湾に到着していた。


漢字で書いても普通に届いてますがな!!!!


腹の底からツッコミを入れずにはいられない筆者である。

この記事を書いたユーザー

もん このユーザーの他の記事を見る

スコットランドとドイツの間を行ったり来たりしている旅人。フリーライター兼翻訳家。趣味は写真、料理、お絵描きと睡眠。好きな食べ物はラーメンと広島風お好み焼き。
ブログ: http://ameblo.jp/emblema/

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 料理
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら