ある日、授業前にダンキンドーナツに寄ったケイシー・フィッシャーさん。

すると、一人のホームレスの男性がわずかな小銭をもってお店に入るのを見たといいます。

それを見て「何かしてあげたい」という思いから、男性へ話しかけたというフィッシャーさん。

男性が1ドルしか持っていないことが分かるとフィッシャーさんはコーヒーとベーグルを買い与え、一緒に食事したんだそうです。

ホームレスの男性はフィッシャーさんに色んなことを話してくれました

Licensed by gettyimages ®

クリスと名乗るそのホームレスはフィッシャーさんへ様々なことを話してくれました。

母親がガンで亡くなったこと、顔の知らない父親のこと、ドラッグが自分を変えてしまったこと。

そしてホームレスであることで、どれだけ周りの人間が自分に冷たく当たってくるかについて。

彼は、自分が亡くなった母親が誇りに思ってくれるような人間になりたいと思っていると話したそうです。

そんな話を聞いているうちに授業の時間が近づいていることに気づいたフィッシャーさん。

そのことを男性に告げると、男性はレシートの裏になにやら走り書きを始めたんだそう…。

書き終えると「汚い字でごめんね」とクシャクシャのレシートを渡しその場を立ち去ったというホームレスの男性。

そこにはこんなことが書いてありました。

「今日、死のうと思っていたんだけど、あなたのおかげでやめました。ありがとう、素敵な人。」

フィッシャーさんが男性にしてあげたのは、買ってあげたドーナツを一緒に食べ話を聞いてあげただけ。

しかし、その小さな親切がある人にとっては人生を左右するようなもの。

このエピソードはFacebookに投稿され、30万近くシェアされるなど多くの人に感動を与えているようです。

相手が困っているとき、自分が助けてあげられるのであれば、そうするべきだということが実感できる素敵なエピソードですね。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら