私がかつて英国で暮らしていた村は清々しいほど田舎であるが故に若者の外への流出が激しく、かなり高齢化が進んでしまっていた。

それに伴い、私がご近所付き合いしていた友人の平均年齢は60歳だったのだが、彼らと話していて大層驚かされたことの一つがこの国の老人は驚く程ハイテクに強いという意外な真実である。

英国ではいくつになってもクリスマスプレゼントを互いに送り合う文化があり、休み明けの英国老淑女の皆様の話題は、もっぱら「クリスマスに孫・子どもから何を贈られたか」に尽きる。

私もあちこちでご老人に捕まりこの話題を振られた訳だが、こんな田舎町のご老人の口からiPhoneだのタブレットだのと言った言葉がぽんぽん飛び出すのは、なかなか衝撃的だった。

しかも受け取った老紳士・淑女の皆様が結構普通に使いこなしているからこれまた驚き。下手するとハイテクアレルギーの筆者よりよほど現代社会に適応している。

この村の大勢のご婦人方とアフタヌーンティを楽しんでいた時のこと。

ひょんなことから最近有名なある映画の曲の話になったのだが、半分以上の人はその曲を知らなかった。

「今度孫に電話して訊いてみますわー」となるかと思いきや、そこは英国のハイテク老淑女の皆様「じゃあ帰ったらYOUTUBEで調べてみるわね」である。


英国のおばあちゃん、YOUTUBE見れるんか・・・・。


なかなかのカルチャーショックであった。

この記事を書いたユーザー

もん このユーザーの他の記事を見る

スコットランドとドイツの間を行ったり来たりしている旅人。フリーライター兼翻訳家。趣味は写真、料理、お絵描きと睡眠。好きな食べ物はラーメンと広島風お好み焼き。
ブログ: http://ameblo.jp/emblema/

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 料理
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス