こんなはずじゃなかった子育てあるある男の子編

もう男の子って…と感じることがある。
産まれる前に描いていた子育てとは若干違うような…

冬でも半袖半ズボン

小学生の頃を思い出すと、体育で寒くて手が悴んで着替えのボタンが止められないなんてことがあった。
そういえば、冬でも半袖半ズボンの人っていたなぁ
と思って絶対に半袖半ズボンを選ぶ我が子を見守っていたら、身体冷えてるけど元気だなぁと思っていたら、発熱…

やっぱり寒いんじゃん!!

ちなみに、女の子はスカート派だとお腹が冷えてしまうそうです。

対策として、子供が気に入る服を一緒に選んでかいます。
半分くらいは長袖半ズボン、もしくは半袖長ズボンになりました。

体力が有り余っている

保育園で1日遊んできているはずなのに、夜も家で兄弟で闘いごっこやお相撲ごっこ、サッカーをしている。
もちろん、ママも一緒にやろ~と誘われる。
ママ、お仕事で力使い果たしてるしご飯も作らなきゃいけないし、洗濯物もたまってるんだけどなぁ

一人で寝られない

授乳期は夜中三時間おきに起きて睡眠不足なんてことを聞いたことがある人も多いだろう。
しかし、それが終わっても別にゆっくり寝られるわけではない…
お茶が飲みたい、トイレにいきたい、嫌な夢でもみたのか泣き出すなど、こちらの睡眠は無視。
寝るときもママが隣にいないと眠れない…
フランスでは生後三ヶ月で一人部屋にうつすとか。
しかも、泣いてても放っておくらしい。
すると、やがて諦めてスヤスヤ眠るようになるらしい。
それで、大人になって人格が歪んでるとも思わないし、なにが正解かわからない。。。

無駄に着替える

その子にもよるのだろうが、我が家は次男が無駄に衣装がえをする。
1日2回は当たり前、時には3回のときも。
そうかと思えば、公園で泥だらけになっても油断しているとそのままおうちで遊ぼうとする。
基準がわからないし、洗濯物がただただふえる。

パンツ一丁もしくは裸のことがおおい

特に夏は、冬であってもおうちに帰ってきたらなぜか服を脱ぐ。

人間の本能…なのでしょうか。

たまにパンツと靴下だけの時があって、ビジュアル的に許せませんが、本人はそれがよいそうです。。。

着替えたり裸になったり忙しい…

おしゃれな格好ができない

そんなわけで、男の子といえどもワンポイントお揃いにして雑誌から飛び出てきたようなお洒落な親子に…ならない。。。。

ハット何て、被らない。
キャップも斜めには被らない。
靴もスニーカーなんてはかない。

とにかく服を着せるのに精一杯…

やっぱり寝顔は天使!?

やっと眠りについてほっと一息。
寝顔はやっぱり天使だなぁ
いつまでも見てられるなぁ~
なーんて思っていると、
ふいな頭突き
ふいな裏拳
をくらう。

特にはなに当たったときのいたさったらない。

誰も悪くないだけに…ただただ泣く…

でも、子はかすがい。
どんなにやんちゃで言うこと聞かなくても、
かわいいものです。

と、親くらい思ってないとかわいそう。
というのが筆者の持論。

虐待のニュースなど心を痛めますが、
子供だって赤ちゃんだって一人の立派な人間。
こちらの思い通りにはならないし、意思もある。
それは、大人と大人の関係と一緒だなぁと日々感じるのでした。

この記事を書いたユーザー

あっぷるみんと このユーザーの他の記事を見る

二児のワーママだけど、自由人です。

得意ジャンル
  • マネー
  • 海外旅行
  • ライフハック
  • 広告
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス