出典kou / PIXTA

年末年始で散財して懐が寂しい方もいるかも?

もしかしたら空いた自宅を“人に貸す”ことで、ちょっとしたお小遣い稼ぎができるかもしれませんよ。

そこで今回は、最近話題の「Airbnb(エアビーアンドビー)」を利用して、都内高円寺にあるマンションの一部屋を貸し出している筆者が、Airbnbの使い方や、ちょっと気になる貸し出し方をご紹介しましょう。

■そもそも、「Airbnb(エアビーアンドビー)」って何?

Airbnb」とは、アメリカで始まった、世界中の宿泊施設を貸し借りできるウェブサービスです。宿泊施設というと、旅館やホテル、民宿といったものを想像しますが、ここで借りられるのはそれだけではありません。

個人がホスト(貸し手側)になれるので、アパートの1室でも、ヴィラでも、お城だって貸せる(借りられる)んです。

ゲスト(借り手側)は、世界190ヶ国34,000以上の都市で、普通のホテルや旅館では味わえないユニークな体験ができ、また貸し手側は空き部屋を有効活用して収入を得ることができます。

■実際にAirbnbで貸し出すと、どのくらいのお小遣いになる?

出典 http://sumaiweb.jp

Airbnbで貸し出している部屋 (1LDKの一部屋)

1人6,000円で貸し出していますが、実際は2〜3人組で借りられることが多いです。

予約が満席であれば1ヶ月で12,000円(2人組)×0.8(Airbnbのマージン料を抜く)×30日=288,000円の収益となります。

どうですか? 予想よりも結構いい収入になりますよね。

■自分の家をホストとして登録してみたい!でも、不安が一杯…

とは言っても、自分の家を見ず知らずの他人に貸す、というのはちょっと抵抗があったり、防犯が気になったりする人も多いのではないでしょうか。

そこで、気になるポイントを僕はこのように解消しています。

(1)触ってほしくないところはどうしたらいい?

部屋ごとに鍵を別々に設けることをお勧めします。

貸し出す部屋には、ベットや家具など必要最低限のものだけ置くようにして、貴重品などは置かないようにしています。

(2)どんな人が泊まるのか心配……。

出典 http://sumaiweb.jp

Airbnbのメールボックス

ゲストとのやり取りは、Airbnbのメッセージ機能を通して行います。

ゲストからの宿泊申込みが来たら、そのメッセージ内容やゲストの評価(Airbnbではホストだけでなく、ゲストも評価されます)で、ホスト側が承諾するか却下するかを決めることができます。

この人なら大丈夫そうだな、と思った人にだけ貸し出せる、ということです。僕のメールボックスも結構「却下」がありますね(笑)

ゲストは外国人が多いので、英語でやりとりするのが1番大変かも。

英語が全くできないよという人はGoogleやYahoo!などの翻訳ソフトを用いて連絡を取り合い、鍵はナンバーロック帖などを用いることを勧めます。

(3)もしもトラブルが起きたら……

そうは言っても、自宅の物を勝手に壊されたりしたら……と不安になりますよね。

以前、イスラム系の観光客が4人連れで来たときに、火災報知器が誤作動を起こし、スプリンクラーで水漏れがあるなどのトラブルも経験しました……。相手もあまり英語がしゃべれなかったのですが、翻訳機を持って対応しました。

こういった非常時の対応が重要になってくるので、万が一の時の保険や、Airbnb内にある保証金制度は活用するべきです。

また、万が一のトラブルに駆け付けられるような場所を選ぶことも勧めます。

■気になる法律問題は大丈夫?

実際に利用しようとすると、法律に引っかからないか心配になります。

基本的に民宿を運営するときには旅館業法が必要なので、Airbnbは法律違反にならないかスレスレの所がありました。

しかし、日本の観光施設は、政府が2015年6月30日に閣議決定した「規制改革実施計画」で、「民泊」の規制緩和を実施することが発表されました。

具体的には、自宅を提供して他人を宿泊させる「民泊」について、行政に申請を行って許可を貰えれば民泊をしてもいいということになりました。

これから、年末年始の大型連休ですし、冬休みに家を離れる人にとっては、Airbnbでちょっとしたお小遣い稼ぎ、などはいいかもしれません。

興味のある方は、自宅の空いた部屋を登録してみてはどうでしょうか?

■あなたにオススメの記事

今年1年を良い年にするために! 幸せに必要な要素はこの4つらしい
これは面白い! 絶対成功する「友達10人」貯金術
今すぐ使える「お米のとぎ汁」の活用法4つ

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス