初めてのトイレトレーニングで知っておくべきこと

トイレトレーニングは、早い家庭なら大体6か月~3,4歳ぐらいまでの子がおむつを外して、トイレで用を足せるようにするための練習のことを言います。

このトレーニングにかかる時間は始めた時期と、その子によって全く異なります。

また誰の子の方法が正しいといったことではなく、周りの子育て経験者の方、保育所の保育士に相談しつつ、各家庭に合わせ独自方を編み出していくのがいい出そう。


始める時期ですが、一人でおまる、トイレに座っていられる・おしっこの間隔が2時間以上空く・言葉や動作で自分の意志を伝えられる


一概にこれというものはなく、目安に頭に入れておくといいです。

粗相したときに子に恐怖感を植え付ければ、次から大人に隠れて見えない場所でしてしまったり、漏らすようになるなど、おむつが外れるまでさらに時間を要することに。

これのイライラも少なくトレーニングを終えるには、焦らず、このペースに合わせゆっくり・叱らず、初めにこの3つを心に留めトレーニングをしましょう。

子は大好きなパパ、ママから褒められるのがとてもうれしいのですが、おしっこ、うんちサインを出しおまる、トイレに行くことができれば、しっかり褒めてやりましょう。

そしておまる、トイレで用を足すことができればもっと褒めてください。

このとき、すっきりしたね、気持ちよかったなど声をかけてみれば、子はトイレで用を足すことが、すっきりして気持ちいいことと認識してくれて、トイレトレーニングしやすくなります。

2歳ぐらいになればこの反抗期が始まって、素直にこちらのいくことを聞いてくれないこと顎億なり、こうしたときは、魔法の言葉「よーいどん」が出番です。

きっとお子さんもままを追いかけトイレに向かって走ってきます。

大人もイライラしないで済む、子も楽しくトイレへ、とメリットしかないとても素敵な方法。

よーいどんに誘うとき、ママ、パパも本当に競争するように、大げさに演技してみれば、子供がとても喜びます。

この方法はいろいろな場面で重宝しますから、しっかり覚えておいてください。

よちよち歩きの外遊びで注意すること

子が歩けるようになれば、自然に触れさせ揚げたく浴外に行きます。

慣れない小さな靴でよちよちと歩く姿がかわいいです。歩き始めた10か月ごろに外遊びに行きます。

近所の公園の砂場で遊びました。消毒など手入れしてない公園の砂場は、猫の糞があることがわかり、園庭開放してる保育園、外遊びできる子育てセンターは、小さなお子さんは安心。

歩き始めは、転んでもいたくない芝生広場がいいでしょう。

遊具がぬれているときふけるのがあれば便利。濡れてるからやめようは、通用しません。

キャラクターもの、いろいろそろった砂遊び道具のセットがほしくなります。ですが、洗濯洗剤のスプーン、プリンのカップでもしっかり遊べ、小さいもののほうが扱いやすい。

ボールはコロコロ転がり面白く、一緒に追いかけ遊べます。抱え込める大きめサイズが使いやすい。

道路が近いときは注意。このボールは予想しないところに突然飛び、広い芝生広場のある公園なら安心。

水分補給や、ぐずった・帰りたがらない時、気持ちを切り替えるのに飲み物は役立ち、あそこのベンチでお茶と誘って、遊びを切り上げます。

歩き始めなんでも口に入れたがり、タバコ、石、砂など、口に入れないように必ず近くで見守ってください。

転ぶ経験も大事ですが、大きな怪我が内容について歩いてください。私は頭を打っても守れるように、1年じゅう帽子をかぶせ遊ばせます。

そして小学生の遊ぶ時間帯はボールが勢いよく飛んだり、遊具の遊びもダイナミックだったリコに危ないことも。

大人もこの気持ちが晴れて楽しい外遊びは、危険がないよう見守り、いろいろ経験をさせてあげてください。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス