最近は小さいお子さんもiPhoneやiPadを使ってデジタルライフを楽しんでるかと思います。その時にiPhoneやiPadで広告などを誤ってタップして困って泣きついてくるなんて経験をしたお父さんお母さんがいると思います。
そうした事を無くすことができる設定がiPhoneとiPadにあるのでご紹介します。

設定から

方法は設定にある

アクセスガイドは、以下の用途でお使いいただけます。
・iOS デバイスで一時的に 1 つの App しか使えないように制限する
・画面上のタスクに関係ない範囲、または間違えてジェスチャを行うと集中が妨げられる原因となる範囲を無効にする
・ハードウェアボタンを無効にする

出典 https://support.apple.com

このアクセスガイドを使用します。先ずは設定を開いて

一般からアクセシビリティを開きます。

アクセシビリティを開いたらアクセスガイドをONにして「パスコード設定」を開き、パスコードを設定、若しくは入力をして準備完了。

アプリを開く

続いて制限をかけたいアプリを開いて、ホームボタンを三回クリックしますと

この様にアクセスガイドの設定画面が開きますので、この画面の時に

App のコントロールと App 画面の一部を無効にするには、次の手順を実行してください。
1.無効にしたい画面上の範囲を円で囲みます。
2.ハンドルを使って範囲を調整します。
画面上のタッチをすべて無視する場合は、「タッチ」をオフにします。
iOS デバイスの向きが縦から横に切り替わらないようにする場合や、ほかの動作に反応しないようにする場合は、「動作」をオフにします。

出典 https://support.apple.com

下記画層のように選択をして

調整をすると

この様に選択をされますのでこの選択をした部分を操作してもiPhoneやiPadが操作したと認識しなくなりますので画面は変わりません。

時間も設定できる

子供にずっとiPhoneやiPadを使わせるわけではありませんのでずっと操作を認識しなくなると自分が使う時に当然困りますので操作を認識しなくなる時間を設定することができます。

アクセスガイドの設定画面の右下に時間制限がありますので時間制限で時間を選べば大丈夫です。これで時間が来るまでは安心してお子さんにiPhoneやiPadで遊ばせることができます。

但し、注意して欲しいのがアクセスガイドを設定した時間の間はホームボタンも認識しなくなるので他のアプリを開くことはもちろん、ホーム画面に戻ることもできませんので子供が他のアプリで遊びたいと言い出した時に困りますので最初に言っておくのがいいでしょう。

この記事を書いたユーザー

篁五郎 このユーザーの他の記事を見る

政治・経済、思想・哲学、文学を学びつつ地元を中心にラーメンを食べ歩くフリーの物書きおじさんです。
spotlight公式/プラチナライターでもあります。仕事は随時受け付けしてますのでブログなどを参考に依頼待ってます。
ブログ:http://ameblo.jp/komi1114/
メールアドレス:komi1114@gmail.com

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス