先日、DAIGOさんとの結婚が発表された北川景子さん。そんな笑顔の素敵な北川景子さんは、実はあの大きな震災に遭遇していた方だったのです。

1995年1月17日

その日発生した大地震は、兵庫県南部地震による大規模な地震となった、阪神淡路大震災
。これは、兵庫県を中心に広い範囲でその被害を受けることとなりました。高速道路も倒壊、神戸の街並みは一瞬にして別世界となってしまいました。その中に、北川景子さんもいたのです。

あのころの記憶・・・

北川景子さんは、その当時は小学校2年生。その阪神淡路大震災で、学校の同級生も半分くらい命を奪われたと話されています。その時から、生きるということに幸せを感じるようになったと言われています。大震災を間近で経験したことのある方にしか分からない感覚ではありますが、この経験が今の北川景子さんを支えているといっても過言ではありません。

その後、皆さんの記憶にも新しい、東日本大震災として東北地方を大津波が襲いました。この時、北川景子さんは、阪神淡路大震災の記憶が蘇ってきたようです。普段は、綺麗で笑顔が素敵な北川景子さんですが、このようなショックを常に持ち続けていながら、その気持ちを力に変えてテレビでは、素晴らしい演技などで魅了してくれます。あの時があるから、今の自分がいるというように強く語れるのも北川景子さんだからこそ!

DAIGOさんとドラマで共演後、再会を果たしたあと、順調に愛を育み、ついに結婚!!これからの活躍を含め、期待度が更に高まる女優・北川景子さんから目が離せません♪

この記事を書いたユーザー

win-win このユーザーの他の記事を見る

自分を好きになる!メンタル面から体は変化してきます。心と体は繋がってます☆

一人一人がいいパフォーマンスができるような、発信をしていきます。

得意ジャンル
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • スポーツ
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら