殆どのヒット曲は、「歌」ですが、「曲」だけのものもあります

Licensed by gettyimages ®

今回紹介させて頂くのは、所謂インスト曲でヒット曲となったものです。数こそ少ないですが、「歌」の無いヒット曲の中には映画などの絡んだ名曲も多く、印象深いシーンで使われたものも多いですので、思い出して頂けたらと思います。

ジャズ、フュージョンといった、もともと歌が無い曲も多いジャンルの人や、シンセサイザーの名手など、インスト曲をヒットさせる音楽家は技術的にも長けている場合が多く、そういった部分にも注目すべきかと思います。

それでは筆者が厳選した5曲を、是非最後までお付き合いください。

Kenny G - Songbird

出典 YouTube

シアトル生まれの、17歳からプロで活躍のフュージョン・サックス奏者のケニー・G。

この曲は、映画などのタイアップなしでのシングル・ヒットですが、当時アメリカのラジオDJ達が、「別れの曲」として多用したそうで、人気に火が付いた模様です。

確かに寂しく哀愁のあるメロディーは、そういったシーンで使われるのも無理はないでしょう。

彼の初めてのヒットにして最大のヒットとなった曲です。味わって聴いてください。

87年、全米第4位を記録。

Jan Hammer - Miami Vice Theme

出典 YouTube

サラ・ヴォーンやジェフ・ベックとの共演などで有名な、ジャズ・ロック・キーボード奏者のヤン・ハマー。

そんな彼が、ドン・ジョンソン主演の人気テレビ・シリーズ「マイアミ・ヴァイス」の為に制作したインスト作。

当時流行のショルダー・シンセと、シンセ・ドラム、多用する打ち込み…全てが時代感満載で今聴くとやや照れますが、当時は最新で格好良かったのです。

85年、全米第1位を記録。

Herb Alpert - Rise

出典 YouTube

1935年LA生まれのハーブ・アルパートは、8歳の時からトランペットを始め、プロになって60年代から80年代にかけてヒットを量産しました。実は歌も上手く歌えるのですが、インストのヒットも多いです。

この曲は日本でもウイスキーのCMで使われましたのでご存知の方も多いと思います。

彼はA&Mレコードの社長としても有名で、契約しているジャネット・ジャクソンらと作品を作り、後に「ダイアモンズ」(87年5位)等のヒットもあります。

79年、全米第1位を記録。

Vangelis • Chariots of Fire Theme

出典 YouTube

ギリシャ出身のアーチストで、60年代から活動を始めています。色々な映画音楽などを手掛け、ファンも沢山います。

この曲は映画「炎のランナー」の主題曲となり、映画の成功もあり大ヒットを記録しました。ここ日本でも未だにスポーツ系のドキュメンタリーなどで、スローモーション画像に走るアスリートを撮った映像を組み合わせ、戦いの厳しさみたいなものを表現する際のバックに使われます。

81年、全米第1位を記録。

Harold Faltermeyer - Axel F

出典 YouTube

ドイツ出身のキーボード奏者で作曲家・編曲家。映画のスコア作品などを作っていた実績もあります。

この曲は、そんな彼がエディー・マーフィー主演の「ビバリーヒルズ・コップ」のサントラ盤に提供した作品で、シンセで打ち込まれたインスト曲です。

軽快なサウンドながら当時の最新技術が駆使されていて、これまた素敵な曲です。その後、「トップ・ガン」等のサントラの仕事を沢山するようになったのも頷けます。

85年、全米第3位を記録。

いかがでしたか?

Licensed by gettyimages ®

今回の投稿では、洋楽バーのマスターの筆者が、歌の無い大ヒット曲を選び紹介させて頂きました。

今回は選曲しなかったチャック・マンジョーネや、スパイロ・ジャイラ、ボブ・ジェームス、デヴィッド・サンボーン等にも素敵なインスト・ヒットがあります。またの機会に紹介出来ればと思います。

やはりインスト曲は映画・ドラマ・広告等とのタイアップによるヒットが多くなりますね。

最後までお読み頂き有り難う御座います。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら