納得できないかも
しれないが、
今以上幸せなことは
ないと言い切れる。

ピンチはチャンス、
とプラス思考な言葉も
わからなくはないが、
今どんな状況にしろ
とても幸せなのだ。

ネガティヴな考え方が
感度を邪魔しているから
幸せを感じられなく
なっているだけ。



エッチな話に
「感度」という言葉は
よく使われる。

幸せなエッチができたら
タバコなんかいらないと
ある女性が言った。

それほど心の笑顔は
感度を上げるわけだ。



勝ってる状態だと
多少の不幸せも
面白く感じる。

不幸せ、
つまり状況が良くない、
上手くいかない、
面白くない、
しかめっ面になる、
これらすべて
あとで笑い話になる
最高のネタなのだ。

もちろん
上手くいってるときは
楽しくて仕方がないが、
不幸せを包み込んで
その幸せがある
というのは
自然の法則だと思う。



【愛煙セラピー「2130」】 

『今しかめっ面だとして
それも幸せの一つ。
不幸せを知っているから
幸せを感じたときの
笑顔がより可愛らしく
美しくなる。』

2016/01/13
愛煙セラピスト
志村嘉仁

しかめっ面なときも
今が一番幸せだと思う。

なぜなら
「生きてる」から。

世の中
納得できないこと
だらけかもしれないが、
自分を楽しませるのは
あくまでも自分、
世の中が最低でも
関係ないのが現実。

この記事を書いたユーザー

愛煙セラピスト 志村嘉仁 このユーザーの他の記事を見る

こんにちは。
愛煙セラピストの志村嘉仁(しむらよしひと)です。
タバコをやめたい人へのメッセージを配信しています。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス