年齢差2歳の兄と妹

兄は妹を叩くツネル突き飛ばす・・・
相手はまだよちよち歩きなのに容赦なく叩き、時には噛み付き髪も引っ張る。

下の子が歩き始めてから上の子が手を出し始めた。
辞めさせなくては!!危ない! 母はそのことばかりを考えていました。

小児科のドクターに相談してみる事に・・・

母は、子供の精神面など発達の専門医に相談することに。
ドクターはただ一言 
「妹が邪魔なんだと思うわよ!」と・・・

邪魔?!!  うん確かにそうかもしれない。

歩き始めた妹は兄の玩具を取ったり投げたり、その度に兄は【邪魔】をされたと感じていたはず。


一生延命作ったパズル、並べたミニカー、妹が手を出してはバラバラにされた。
それを怒って手を出したらママやパパにしかられた。
兄はもう怒りのぶつけ所が無くなってたんだと思う。

寝てしまった妹に兄がとった行動は?

ある日、リビングで遊んでいた兄と妹。
母はいつものように家事をするためにリビングを何度も出入りしていた。

いつのまにか妹が寝てしまったようで、母が気がついた時にはラグの上で寝息を立てていた。

妹には毛布がかけてあった。
足から肩まで覆うように綺麗にかけてある。

「これ、お兄ちゃんがかけてあげたの?」と兄に聞くと兄は「うん」と一言うなずいた。

1歳と3歳の子供を育てるのは想像以上に大変だし、
子ども自身も色々なことを我慢しなくちゃならないと思う。

でも、その分得るものも大きいのだと実感した出来事でした。


この記事を書いたユーザー

めぐ このユーザーの他の記事を見る

現在は専業主婦してます。

得意ジャンル
  • 育児
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス