フリーマーケットを見るポイント!

フリーマーケットによく最近行くようになりました。
自分には要らなくなったものを売る場所というイメージが強いですが、自分で作った手作りの作品を出店する人も見かけるようになりました。

お店によって1つ大きな違いがあることに気がつきましたか?
そう、あらかじめ「100円」という値段表示があるお店と値段表示がないお店があります。

値段を聞いたら、買わなくちゃいけない雰囲気になる・・・。
そう私も最初思ってそういったお店は避けていました。

けれど、フリーマーケットの醍醐味はお店の人との会話で値段が決まることです!

フリーマーケットで値段交渉するコツ!!

とにかく価格が表示していないお店は、お客さんと話す気持ちがあるという表れです。
「これはいくらですか?」
この会話からのスタートをお店の人は楽しみにしている証拠です。

ここで、値段交渉の仕方のコツを伝授します!

必ず「これいくらですか?」から会話をスタートすること!

お店の人にまず「これいくらですか?」と話しかけることからスタートしましょう。

例えば「300円です」と答えたら、
今度は「これもうちょっと安くなりませんか?」
「うーん・・・じゃ250円で!」
と値段交渉に成功する道がすんなりとできます。

失敗するのは「これ下さい!」と言った後に
「これいくらですか?」となると
この人はこの値段で買う気があるなと思われて、
お店の人も「300円です!」
「これもうちょっと安くなりませんか?」と返しても
「ちょっとこれ以上は無理ですね」
となってしまいます。

そう最初の一言で値段交渉の勝負が決まります。
最初から買いたい気持ちを伝えてしまうとこの値段でも買うだろうと思われるのです。

フリーマーケットでの値段交渉を大いに楽しみながらお得な買い物をしたいものです。

明芽メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0001669191.html

この記事を書いたユーザー

明恵 このユーザーの他の記事を見る

ライターとしてセキセイインコと同居するインドア派!
ハンドメイド作品をチェックし購入することが大好きです!
1人でも多くの人に知ってほしいことを発信していきます。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら