主の言葉:
彼がわたしを呼び求めるとき、
  彼に答え、
 苦難が襲うとき、
   彼と共にいて助け、
    彼に名誉を与えよう。詩編91:15

イエスは、死の恐怖のために
 一生涯、奴隷の状態にあった者たちを
  解放なさいました。ヘブル書2:15
 
        (ローズンゲン日々の聖句1/13;水)

 天の神、主は呼び求める私たちの声に答え、
苦難の時も私たちを助けようと、共にいてくださる方なのですね。
すべてのことを働かせて益としてくださる方なのだそうです(ロマ8:28)。

 そして、私たちの最大の敵、死の恐怖からも解放して、
死の向こうにある栄光、栄誉にあずかる希望を与えてくださるのだそうですね。

 聖である霊と呼ばれる方も、
弱い私たちのために執り成してくださるので、
父である神と呼ばれる方も、
私たちの心の思いの隅々までも知ってくださるのだそうですね。
助けようとして。
今日も。






[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ] <a href="http://www.blogmura.com/point/00697809.html" ><img src="http://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif" alt="PVアクセスランキング にほんブログ村" /></a>[269RANKのランキングサイト]"哲学・思想 ブログランキングへ"

この記事を書いたユーザー

佐知男 このユーザーの他の記事を見る

愛媛県久万高原町の産。仏教大学(社会福祉)、JTJ宣教神学校卒。キリスト教プロテスタントの教会員。

権利侵害申告はこちら